看護師の経験加算って何?損をしないために知っておきたい情報満載!

看護師の経験加算って何?損をしないために知っておきたい情報満載!

看護師の経験加算が、どのように計算されているのかをご存知ですか?

「何それ?初めて聞いた。」

「聞いたことはあるけど…よく知らない。」

 

ちょっと聞きなれない言葉ではありますよね。

経験加算という言葉自体を初めて聞いた…という人がいても不思議ではありません。

 

でもこれを知らないと、気付かないうちに損をしている可能性が高い

 

看護師の経験加算についての知識があれば、転職後に「あ~損したー!」なんてことになるリスクは、グッと低くなりますよ!

看護師は経験加算についての知識がないと損をする可能性大!

看護師の経験加算とは何ぞや?

まずは、ここが一番初めに引っかかるポイントですよね。

 

経験加算とは、その名の通り『経験年数によって加算される額』のことです。

 

「なんだ~そのままじゃん。想定通りだわ。」

なんて思いませんでしたか?

 

実は、看護師の経験加算は、一概に経験年数だけが考慮されて計算されるわけではないんです。

 

こんな経験はありませんか?

 

自分と同じ勤続年数の看護師の場合、転職先の方が基本給が高い。

だったら、必然的に転職すれば今より基本給は上がるはずー!

 

と思っていたのに、実際は…

新卒に毛が生えたくらいしか貰えなかった!

 

これ、病院によって異なる経験加算が関係している可能性があるんです!

経験加算は、働く職場によっても違うんですよ。

 

だからこそ、経験加算についての知識を持っておくことは大切。

次項で、詳しくご説明しましょう!

 

看護師の経験加算で考慮される条件と計算方式とは?

看護師の経験加算には、様々な条件が考慮されることになります。

また、計算方式もちょっと複雑。

 

転職で損をしないためにも、この際経験加算について色々知っておきましょう!

 

看護師の経験加算で考慮される条件とは?

看護師の経験加算で考慮される条件は、大きく分けて3つ!

  • 雇用形態:『常勤>非常勤』
  • 職場の種類:『病院>クリニックや施設』
  • 看護師免許の種類:『正看護師>准看護師』

 

となっていて常勤、病院、正看護師は経験年数通りに年数を計算されますが、非常勤、クリニックや施設、准看護師は実際の経験年数の半分以下の年数に置き換えられて計算されます

 

職場によっては、パートなどの非常勤で働いていた期間をカウントしないケースもあります。

 

また、准看護師から途中で正看護師の免許を取得した人は要注意!

准看護師として働いていた期間もカウントしないケースがあるんです。

 

同じ経験年数でも、条件によって給料に差が出てしまうということですね。

 

看護師の経験加算の具体的な計算方式とは?

これがちょっと複雑。

ここで重要になるのは、今までどんな職場で働いてきたか?です。

 

例えば、経験年数が15年の看護師がいたとしましょう。

この場合の計算方式を例題としてご紹介します。

 

  • 病院で正看護師として常勤で15年働いていた場合

病院経験年数15年×正看護師指数1.0×常勤勤務指数1.0×病院勤務指数1.0=経験年数15年

 

  • 病院で正看護師として常勤で10年、クリニックで正看護師として常勤で5年働いていた場合

病院経験年数10年×正看護師指数1.0×常勤勤務指数1.0×病院勤務指数1.0+クリニック経験年数5年×正看護師指数1.0×常勤勤務指数1.0×クリニック勤務指数0.5=経験年数12.5年

 

  • クリニックで正看護師として常勤で15年働いていた場合

クリニック経験年数15年×正看護師指数1.0×常勤勤務指数1.0×クリニック勤務指数0.5=経験年数7.5年

 

なんとビックリ。

クリニックでの勤務が何年あるかによって、これだけの違いが出てしまうんです。

転職先によっては、0.5ではなく0で計算されるケースもあるのでもっと違いが出てしまうこともあります。

 

これを元に経験加算は算出されるため、職場の種類によって給料に違いが出てしまうということです。

 

看護師の経験加算が高い職場に転職したいなら、看護師転職サイトを活用すべし!

看護師の経験加算ですが、同じ病院だからといって額も全く同じ!というわけではありません。

もちろん、クリニックや施設でも同様のことが言えます。

 

例えば…

  • ○○病院の場合、1年の経験加算=10000円
  • ▲▲病院の場合、1年の経験加算=5000円

 

もしも、経験加算が5年分という条件だった場合は、○○病院なら50000円、▲▲病院なら25000円の加算ということになります。

 

このように、同じ経験年数だったとしても、職場によって貰える額が変わってしまうということです。

 

だから、経験加算額ができるだけ高い職場に転職するというのがベスト!

だからって、「お宅の病院、経験加算額高いほうですか~?」なんて直接聞ける勇気のある人はいないでしょう。

 

そんな時に役立つのが、看護師転職サイト

 

サイト登録すると、転職コンサルタントを活用することができます。

目星の職場の経験加算額がどのくらいなのかも教えてくれますから、転職後に「思ったより給料少なっ…。」なんて嘆く必要もなくなりますよ!

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる