薬剤師の将来はどっちなの?

by admin.

薬学部に通ってる友達が
薬剤師のお給料の将来性について
ときにネガティブにときにポジティブに
私に語ってきました。

半分くらいは理解できたけど、
友達に悪いので、全部理解できてるフリをして
激しくうなずいてました。

家に帰ってよく考えると、
それってよくないとおもい、

http://www.finetexinc.com/

という薬剤師さんのことをわかりやすく
詳しく書いてあるサイトで少し勉強しました。

一番目に付いた、
「薬剤師年収相場を徹底調査してみました!」
というコーナーの記事だけ読みました。
そしたら、理解できてなかったところが
わかって、友達の気持ちが少しわかりました。

このコーナーによると
薬剤師が過剰なのか不足なのか
わからない時代に突入してるみたいなんです。
やっぱり、過剰なら雇い主が強気ですから
お給料は低く抑えられるでしょうし、
不足なら雇い主が弱気ですから
高いお給料が望めそうですよね。

だから、友達は安定した高いお給料を将来目指して
日夜薬学部で頑張ってるみたいだし、
当然どちらに今後傾くのかで
すごく揺れ動いていたんだと理解できました。

もちろん、不足で引く手あまたの状態だと
希少価値が高く、評価されることで
薬学部での努力が報われて、プライドも
保たれるというのもあるとはおもいます。

なんだか今までとはイメージが変わった気がしました。

病室で聞いた男性看護師の衝撃の事実

by admin.

私はこの前http://mother-nurse.com/
を見つけて、これはいい話じゃないかとおもい、
女子会に行ったときの話です。

このサイトで男性看護師さんの情報があり、
女子会で話のネタにしようかとしていたのですが
話そうとしたとき、
ふと
以前入院した時のことを思い出しました。

私が入院したとき、病棟に1人の男性看護師さんがいました。
このサイトの中でもあるように看護師さんの中で浮いていました。

そいて彼は私の担当看護師さんに、なっていました。

入院の説明をしながら私の顔色などを見て、
真顔で「呼吸苦しく無い?」と聞いて、
自覚症状がないのに、酸素マスクをされ疑問でした。

今では私は回復しています。

後で男性看護師さんの適切な処置だったと聞きました。

私はその時は動くことが自力では出来ない、車椅子の状態でした。
今このサイトを見ると納得です。常に部屋に他の看護師さんは来ましたが、
担当の男性看護師さんは毎日朝6時位にナースステーションに居るらしく
帰りは9時の消灯まで待機勤務と話していました。
あの時を振り返りながらこのサイトを読むと、
私の担当看護師さんとして、仕事が多かったと思います。
とてもありがたい存在だと思います。

そして男性看護師さんが入院の時話してくれた、
「夜勤の時は看護師さんには仮眠室があるのに、僕たちは野宿状態。」と
笑いながら話していたことを思い出します。
このサイトからは、恵まれた環境が整備されている、
病院が看護師を求人募集している
ところを探せる様です。

その頃を思うと女子会で話せる、内容ではなかったと反省して
結局別の話題で盛り上がりました。

看護師でなくても…新社会人必見のサイト

by admin.

新社会人の皆さんも、
GWが明けて仕事も本格化して、
そろそろ会社に慣れて来た頃でしょうか?

それと同時に、
細かいことでいちいち壁にぶち当たる…!
という方も多いのではないでしょうか。

今日ご紹介するのは、
本来看護師の方向けに作られている
http://nurse-rescue.com/です。

看護師じゃないから関係ないよ!
って?

いえいえ、
それが、違うんです。

このサイト、
特に注目してもらいたいのが
看護師お悩みQ&Aのコンテンツです。

ここでは、
主に新人の看護師さんが
直面する課題(質問)をまとめ、
それに対して答えを用意してあります。

人間関係や仕事の進め方など、
看護師でなくても社会人として
知っておくべき内容がたくさんあります。

ご自分の職業に置き換えて、
ぜひ読んでみてください。
結構勉強になると思います…

転職体験談の方は、
看護師の方向きでしょうかね…

ただ、
こちらは実際の転職体験を
面白可笑しく書いてあるので、
読み物としてお勧めしたいです。

お暇な方は
読んでみてはいかがでしょう。