シングルマザー看護師に夜勤は無理?子供の年齢で働き方を考えよう!

シングルマザー看護師に夜勤は無理?子供の年齢で働き方を考えよう!

シングルマザーの看護師で夜勤を含めた働き方に悩んでいる人は多いですよね。

一人で子どもを育てるには、お金が必要!

でも、夜勤をすれば子供は淋しい思いをするし…。

 

シングルマザーの看護師は、夜勤を含めてどんな働き方をするのがオススメなのかご紹介しましょう!

シングルマザー看護師の働き方で悩みの種になるのは夜勤!

シングルマザーの看護師で働き方が難しいと悩んでいる人は多いですよね。

悩みの種となるのが、夜勤

 

シングルマザー看護師で子育てをするとなると、まず必要になるのがお金

だから夜勤はしたいけど、子供と過ごす時間を犠牲にしなくちゃならない…。

 

お金も時間も欲しいのに、何かを犠牲にしないと手に入らないことが、シングルマザーで働く看護師の頭を悩ませる原因となるのかもしれませんね。

 

ただ、最も大切なのは、愛するお子さんを一番に考えることです。

 

「じゃあ、夜勤なんか絶対しないほうがイイじゃん!」

…となるかもしれませんが、そうとも言えません。

 

例えば…

  • お母さんがどうしても必要な時期
  • これから進学に向けて資金面での支援が必要な時期

この二つでは、子供にとっての『一番』の意味が変わってきますよね。

 

私の友人で、シングルマザーで子育てをしている看護師がいます。

 

彼女は、子供がまだ小学生の頃に離婚をしました。

夫からの養育費はあるものの、生活はギリギリ…。

 

それでも、子どもの情緒面を考え、夜勤はしませんでした。

子供が中学生に上がった今は、「シングルマザーでも大学には行かせたい!」と夜勤を始めています。

 

将来、子供がやりたいと思ったことの選択肢を狭めたくないそうです。

 

つまり、彼女が愛する我が子に一番必要と判断したのは…

  • 小学生:母親と過ごす時間
  • 中学生:進学資金

 

もちろん、どちらも我が子への愛情は変わりません。

成長段階に合わせて、子供にとっての『一番』を選択したというだけ。

 

シングルマザー看護師が夜勤を含めた働き方を考える場合は、子供がどんな時期にあるのかを考えて判断する必要がありそうですね!

 

次項では、子供の年齢別に分類して、シングルマザー看護師にオススメの働き方をご紹介します!

 

シングルマザー看護師に夜勤は無理?年齢別オススメの働き方とは?

シングルマザーの看護師が夜勤を含めた働き方を考える場合に大切なのは、子供がどんな時期にあるのか?ということ。

 

年齢別に分類して考えてみましょう。

 

未就学児編

未就学児を抱えるシングルマザーの働き方でオススメなのは、パート

 

未就学児に必要なのは、やっぱりお母さん。

もしもあなたが夜勤中に目覚めて、隣にお母さんがいなかったら?

情緒面に与える影響は大きいですよね。

 

パートなら、日中の数時間だけ働くという働き方ですし、夜勤もナシ

 

特に未就学児は、目の前にある何にでも興味を示すもの。

パートで働く数時間なら、誰かに預けていても、色々な物で注意をそらすことができます。

 

そして、ここからが非常に大切!

この時期、お子さんにもあなたにも必要な存在になるのが、実家の両親です。

 

子供にとっても身近な祖父母ですから、看護師として働く間も安心して預けることができる。

また、現実的に考えて、夜勤がなくフルで働くわけではありませんから、収入面においても誰かのサポートが必要になります。

 

甘えることは悪ではありません。

子供のためにも、自分のためにも、この時期は両親に存分に甘えた働き方をして下さいね!

 

もちろん、どうしても両親に頼れない環境にいるシングルマザー看護師もいるでしょう。

そんな人にオススメの働き方は、院内託児所付きの病院で日勤のみの仕事

 

夜勤をしなければ、夜はお子さんを不安にすることもありません。

休憩時間に顔を見に行くこともできますからオススメですよ!

 

小学生編

小学生を持つシングルマザーの働き方でオススメなのは、外来やクリニックなど日勤のみの仕事

 

日勤のみであれば、小学校に通っている間に働くことができますし、児童館などを利用すれば、子供が一人で寂しい思いをする時間も短いですよね。

 

夜勤もなく、残業も少ないですし、ある程度の収入も確保することができます。

また、日曜日や祝日は確実に休みですから、子供と過ごす週末も存分に楽しむことができますよ!

 

中学生編

中学生を持つシングルマザーの働き方でオススメなのは、夜勤もありの仕事

 

中学生になれば、夜に一人で留守番することも可能でしょうし、夜勤をしながらフルで働くことができれば、収入面での安定は確保されますよね。

 

ただ、もちろんこの働き方は、子供の理解を得られた上でなくては成り立ちません。

どんなに将来のことを考えてお金が必要でも、まだ母親が必要な状況にある中学生もいますよね。

例えば、思春期特有の情緒不安定な状態だったり、ヤンチャで非行に走る心配があったり…。

 

ですから、お子さんとよく話し合った上で決断することが大切です。

 

シングルマザー看護師が夜勤なしでも高収入の働き方を見つけるなら?

シングルマザーの看護師で夜勤を含めた働き方に悩んでいる人は、子供の年齢別に分類して考えてみるのがオススメ!

 

ただ、特に未就学児や小学生を抱えるシングルマザーは、夜勤をしないことで、収入面での不安が拭いきれない…という人も多いでしょう。

 

でも、考えてみて下さい。

高齢化社会の現代、看護師は引く手あまた。

 

看護師が欲しくてたまらない病院や施設は、山ほどあります。

少しくらい高い給料を支払ってでも看護師が欲しいわけです。

 

だから、夜勤なしの日勤のみやパートでも、高収入・高待遇を唱っている職場はたくさんある!

 

そういう職場を見つけたいなら、看護師転職コンサルタントを利用してみて下さい。

シングルマザー看護師の働き方で経済面の不安がある人にオススメの職場を紹介してくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる