看護師が中途採用時に妊娠予定について遠回しに聞かれる職場とは?

看護師が中途採用時に妊娠予定について遠回しに聞かれる職場とは?

看護師に中途採用時、妊娠予定について遠回しに聞いてくる職場

「どんなキャリアを積んで行きたいと思っていますか?」

「今後どのような仕事の仕方を希望していますか?」

 

など、妊娠予定について直接聞くのは違法になりますから、このように遠回しに聞いてきます。

 

あなたは妊娠・出産の予定があるからこそ、妊娠予定について遠回しに聞いてくる職場はどういった職場でどういう理由で聞いてくるのか気になるんですよね。

そこで妊娠予定について遠回しに聞かれる職場とはどういった職場で、逆に聞かれない職場とはどういった職場なのかについて理由も合わせてお話ししていきましょう!

看護師が中途採用時、妊娠予定について遠回しに聞かれるって?

中途採用時、看護師に妊娠予定について遠回しに聞く職場とは、ご想像のとおり本音としては看護師に妊娠してもらいたくないという職場です。

 

ではなぜ妊娠してもらいたくないのか?

 

そこで、妊娠した看護師ができなくなることを考えてみましょう。

  • 体調管理
  • 夜勤
  • 長時間の立ち仕事
  • 重いものを持つ仕事
  • 素早い行動

 

中途採用時に、まだお腹が大きくなっていないとしても、つわりなどで体調管理が難しい…。

夜勤を続けることもできなくなりますよね。

 

また、今までできていたことが妊娠週数を重ねるごとにできなくなっていきます。

「私は結構元気な妊婦!」

なんて思っていても、現実的にお腹はどんどん大きくなっていくわけですから、素早く動けばすぐに心拍数は上がるし、重いものを持てばお腹は張る。

 

妊娠していない看護師でも、なんとなくそれが想像できるから、無理をさせられないことは承知の上で一緒に働くわけです。

座り仕事を優先的に回したり、比較的軽症の患者様の受け持ちにしたり、残業はできるだけさせないようにしたり…特に采配するリーダーは大変です。

 

つまり、これだけ周りの看護師が妊婦事情を考慮する必要に迫られるということ!

だから、本音としては看護師に妊娠してもらいたくないという職場が存在する訳です。

 

看護師が中途採用時、妊娠予定について遠回しに聞かれる具体的な理由

看護師が中途採用時、妊娠予定について遠回しに聞かれる理由を、職場ごとに具体的にご紹介します。

 

急性期の病院

急性期の病院で中途採用時に採用側が求めているのは、ずっと即戦力になれる看護師です。

ずっと夜勤もしながらバリバリ働いてくれる看護師が理想でしょう。

 

急性期ということは、いつ何が起きるかわからないということ。

迅速な対応が必要なとき、お腹が重くて動けない…なんてリスクは病院側も避けたいはず。

 

急性期の病院は、基本的に忙しいですから、長時間立ちっぱなしというのも妊娠中は負担になります。

 

ずっと即戦力として採用したいのに、妊娠中の看護師は考慮すべきポイントが多すぎるとなれば、ずっとバリバリ働ける看護師を雇った方が仕事は回ると考えても不思議ではありません。

 

そのため、急性期の病院の中には中途採用時、看護師に妊娠予定について遠回しに聞いてくる病院が存在するというわけです。

 

療養型病院

療養型病院は、基本的に看護配置がギリギリ…

一人でも休むと成り立たないほど看護師を切り詰めて配置している病院は少なくありません。

 

私の友人でも妊娠中に療養型病院で働いていた友人がいました。

妊娠初期は、出勤しても体調の優れない日が多く、早退を申し出たそうです。

 

すると上司は…

「休憩室で寝ててもイイから帰らないで!」と言われたそうです。

 

しかも、療養型病院ではオムツ交換や体交など、重いものを持つ仕事も多い!

妊娠中の看護師には向かない職場と言えそうですね。

それを病院側も分かっているので妊娠予定の無い看護師を初めから雇いたいというのが本音な訳です。

 

そのため、療養型病院の中には中途採用時、看護師に妊娠予定について遠回しに聞いてくる病院が存在するということです。

 

人数の少ないクリニック

人数の少ないクリニックでは、妊娠して仕事ができなくなると、退職を迫まる場合があります。

それだけ、産休や育休の制度はあっても、実際には稼働していないクリニックが多いんです。

 

退職を迫るようなことをしないといけないから、妊娠予定の無い看護師を初めから雇いたいというのが本音なわけです。

 

そのため、クリニックの中には中途採用時、看護師に妊娠予定について遠回しに聞いてくるクリニックが存在します。

 

不妊治療のクリニック

一見素早い行動も重いものを持つ仕事も少なそうなイメージですよね。

ただ、患者様目線で考えた場合、話は別。

 

不妊治療をしている患者様は、赤ちゃんが欲しいんです。

そんな時、目の前に妊娠して幸せそうな看護師がいたらどうでしょうか?

 

嫌な気持ちになる患者様もいるはずです。

ですから、中途採用時、看護師に妊娠予定について遠回しに聞いてくるクリニックが存在します。

 

看護師が中途採用時、妊娠予定について遠回しに聞かれない職場って?

看護師が中途採用時、妊娠予定について遠回しに聞かれないのは、どんな職場なのでしょうか?

 

基本的にどんな職場でも、妊娠すればできないことが増えるのは当たり前

それは、採用側もわかっています。

結婚して妊娠の可能性がある看護師を雇うのであれば、ある程度は覚悟の上でしょう。

 

妊娠予定について遠回しに聞かれないということは、「うちは妊娠しても大丈夫な職場ですよ~。」という裏返し。

つまり、妊娠した看護師が働きやすい体制が整った職場ということ。

 

  • 妊娠発覚後すぐに夜勤免除を提唱している
  • 妊婦検診のための時間を確保してくれる
  • つわり休暇がある
  • 産休育休制度が充実している
  • 院内保育所がある
  • 育休明けの看護師が多く働いている

 

これだけ体制が整っていれば、採用側も自信を持っているはず。

中途採用時、妊娠予定について遠回しに聞かれないのも納得ですね!

 

看護師が中途採用時の妊娠について考えるなら、将来を見据えた上で転職しよう!

看護師が中途採用時、妊娠予定について遠回しに聞かれるにしろ、聞かれないにしろ、将来的なことまで見据えて転職することが大切です。

 

「でも、妊娠した看護師が働きやすい体制が整った職場って、実際働いてみないとわかんないよね…。」

 

確かに、求人で提唱していることが確実な情報とは限りません

残念ながら、ブラック病院は存在します。

 

「妊婦に優しそうな制度っぽいし、中途採用時に妊娠予定について遠回しに聞かれないんだから大丈夫!」

なんて思っていても、実際は全然違った…なんてことになれば、働き続けることはできませんよね。

 

だから、正しい情報を掲載している求人を選ぶことが大切!

大手の看護師転職サイトなら、これまでの実績から正確な情報を割り出しているので安心です。

 

妊娠することはとても素敵なこと!

転職に後ろ向きになる必要はないんです。

 

もしも不安が強いのであれば、転職コンサルタントに相談するのも良いかもしれませんね。

将来を見据えた上で、どんな選択が最善なのかを一緒に考えてくれるでしょう。

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる