看護師で転勤なしの職場に憧れる人に朗報!断りやすい時代キター!

看護師で転勤なしの職場に憧れる人に朗報!断りやすい時代キター!

看護師で転勤なしの職場で働く人は、マイホームを購入するにしても、子供の学校を決めるにしても、ある意味人生設計が立てやすいですよね。

でも中には、全国規模で転勤の可能性がある看護師がいます。

 

入職時は、やる気に満ち溢れ、「全国どこでもOK!」なんて思っていても、月日が流れ、住む土地も人間関係も心地良くなってしまえば話は別。

 

「あ~転勤なしの職場で働いとけば良かったなー。」

「転勤断れないかな…。」

 

こんなふうに思っている看護師もいるでしょう。

そんな看護師のために、転勤を断っても良いケース&絶対に転勤がない職場をご紹介しましょう!

看護師で転勤なしの職場に憧れる人に紹介したい『転勤を断っても良いケース』とは?

看護師で転勤なしの職場に憧れる人のために、まずご紹介したいのは、『転勤を断っても良いケース』

 

「だって転勤OKが条件で入職したんだよ?今更ダメでしょ~。」

 

確かに、『転勤を断る=ウソつき』のような感覚になってしまうかもしれませんね。

でもそれがあるんです!

 

ただし、以下の3つのケースに該当しない場合で転勤が嫌な場合は、転職の方がオススメ。

どういったところに転職すべきかは次項でお話ししますね!

 

家庭の事情で転勤できない!

  • 親の介護で別居できない
  • 子育ての都合で今の土地を離れられない

 

親の介護問題は、他人がどうこう言える問題ではありませんよね。

当事者にしかわからない都合があります。

 

また、看護師は離婚率が高い…

シングルで子供育てしながら働いている人も多いです。

 

転勤辞令が出たけど、子供の学校は変えたくないし…単身赴任するしかないか…とはいきません。

 

家庭の事情というのは大きな武器!

家庭の事情で今の土地を離れられないとなれば、『転勤=退職』の可能性が出てきてしまいます。

 

看護師不足のこのご時勢。

病院側としても、辞められてしまえば元も子もありませんから、転勤なしを貫ける可能性が高いというわけです。

 

今は、転勤も『断りやすい時代』ということですね!

 

資格を取得したいので転勤できない!

高齢化社会が進み、医療はどんどん進化しています。

そのため、認定看護師や専門看護師など、専門的なスキルを持った看護師が重宝される時代です。

 

今の職場でなければ取得できない事情がある場合は、転勤を免除される可能性は高いです。

また、資格取得後の具体的なプランがあれば、尚更◎!

 

「資格が取れたら、この職場で○○したいと思っています!」

 

今の職場に対する熱意と貢献度を評価してもらえれば、転勤なしを貫ける可能性はグッと上がります。

 

ただこれは、その熱意を逆手に取られる可能性もあるので慎重に。

「じゃあ、資格を活かして転勤先でも活躍してね!」

 

これでは、意味なし。

前例がある場合や話の通じない上司の場合は、早めに転職した方が賢いかもしれませんね。

 

持病があるので転勤でない!

転勤することで、持病が悪化する可能性がある場合は、転勤を免除される場合が高いです。

 

例えば…

  • 喘息があり、キレイな空気の土地でなければ働けない
  • 精神疾患の既往があり、不慣れな土地で働くことに不安がある

 

重症度は別として、持病を抱えながら働いている看護師はたくさんいますよね。

 

持病を持ち出されてしまえば、職場側も「そんなの関係ない!転勤して!」と、安易に辞令を出すことはできません。

 

なんせ今は、喉から手が出るほど看護師が欲しいわけですから辞められては困る

まさに、転勤も『断りやすい時代』ということです。

 

だからと言って、転勤なしを貫きたいがために嘘をつくのはダメ。

「診断書取ってきて。」

な~んて言われてしまえば、すぐにバレてしまいますから言葉を選ぶようにしてくださいね!

 

看護師で転勤なしの職場に憧れる人に紹介したい『絶対に転勤がない職場』とは?

看護師で転勤なしの職場に憧れる人のために、次にご紹介したいのは、『絶対に転勤がない職場』!

 

小規模の病院であれば、転勤なしの方が当たり前ですから、今回ご紹介したいのは、大きい病院でも絶対に転勤なしの職場で働きたい看護師が避けるべき職場です。

  • 大学病院
  • 国立病院
  • 公立病院
  • 複数の施設を経営する医療法人

 

つまり、多くはある程度大規模で名の知れた病院ということ。

 

ただ、転職時には複数の施設を経営していない医療法人でも、その後に新設したケースや買収により複数の施設を経営することになるケースもあります。

 

ですから、たとえ今は複数の施設を経営していない医療法人でも、万が一将来施設が増えた場合、転勤の可能性はないかをチェックすることをオススメします。

 

看護師で転勤なしの職場に憧れる人は転職コンサルタントを活用しよう!

看護師で転勤なしの職場に憧れる人のために、『転勤を断っても良いケース&絶対に転勤がない職場』についてご紹介しました。

 

ここまで読んでてみて、たとえ今は複数の施設を経営していない医療法人でも、万が一将来施設が増えた場合、転勤の可能性はないかをチェックしたほうがいいといっても…

 

「自分では確認しずらい…」

 

と思われる方もいるでしょう。

 

そんな時に役立つのが、看護師転職コンサルタントです。

転勤なしに憧れる看護師の強い味方になってくれること間違いナシですよ!

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる