看護師3年目が転職を考えるのは当然だった!オススメの転職先って?

看護師3年目の転職はアリ?自信を持って!今のあなたは旬ですよ!

看護師が3年目で転職を考えるというのは、決して不思議なことではありません。

 

「3年目で転職なんて、ちょっと早いんじゃないかな?」

こんなふうに渋ってしまっている看護師も少なくないでしょう。

 

ただ、転職の2文字が頭をチラついたということは、それなりの理由があるということですよね?

心にモヤモヤを抱えたまま働き続けるのは辛いはず。

 

結論から言うと…

看護師3年目が転職を考えるのは当然!

看護師3年目の転職はアリ!

 

なぜこんな断言ができるのか?

気になるその理由と3年目の看護師にオススメ転職先をご紹介します!

 

 

看護師3年目が転職を考える理由って?あなたはいくつ当てはまる?

 

看護師の3年目は転職を考え始める時期でもあります。

 

ここで、3年目の看護師が転職を考える理由をいくつかご紹介しましょう。

  • チームリーダーやプリセプターなど、面倒な役回りが増えた
  • 一通りの業務が難なくこなせるようになり、やりがいを感じられなくなった
  • 看護師としてスキルアップしたい
  • 人間関係が面倒になってきた
  • 給料が仕事に見合ってないと感じる
  • 残業が多く、プライベートが犠牲になっていると感じる
  • 異動の話を持ちかけられた

 

いかがですか?

心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。

 

3年目の看護師と言えば、新たに責任ある役割が増え始め、時間も労力も余計に費やさなくてはならなくなります。

受身の姿勢で良かった新人時代とは違い、今度は自分から発信していく立場になっていくわけです。

 

しかも、発信する立場になるということは、人間関係も微妙に変わってくるということ。

先輩看護師の意見に、ただ同調しているわけにはいかなくなりますから、さらに人間関係は面倒になります。

 

人間関係が複雑になることはダメージでしかありませんが、役回りが増えるということは、少なからず看護師として成長するチャンスでもあります。

 

ただ、日々の業務に目を向けると、一通りのことは難なくできてしまう。

やりがいが感じられず、なんとな〜く過ぎ去っていく日々に刺激を求めたくなるお気持ちもわかります。

 

「もっと自分は上を目指せるんじゃないか?」

今のような面倒な環境じゃない場所で、スキルアップを図るために転職したいと思い始めるのも当然かもしれませんね。

 

また、3年目の看護師は、心に余裕が出来始める時期でもあります。

必死に仕事を覚えようと試行錯誤する新人とは違いますから、プライベートも充実させたくなってくるわけです。

 

恋人との時間を大切にしたい人、結婚を考えている人、長期の旅行に行きたい人。

ただ、残業が多く、休みも取りづらいとなれば…

「プライベート犠牲になってるじゃん!」

 

これが、3年目の看護師の現実。

今の自分に疑問を抱くな!という方が不思議ですね

 

 

看護師3年目の転職がアリの理由は、今のあなたが旬だから!

 

看護師の3年目が転職を考えるのは、先ほどご紹介したような状況を考えるとある意味当然のこと。

では、実際に3年目というのは転職に向いている時期なのか?

気になるところですよね。

 

結論から申し上げると…

『看護師3年目の転職はアリ!』

 

むしろ、看護師3年目はまさに旬

どこの職場も欲しがる人材なんです。

 

その理由をご紹介しましょう。

  • 看護師としての知識やスキル、観察力、判断力が一通り備わっている
  • 即戦力として働くことができるため、新人ほど指導に時間がかからない
  • 自分の看護観に対するこだわりが強すぎないため、新しい業務の仕方や情報を吸収しやすい
  • 若い世代の看護師の考え方もベテラン世代の看護師の考え方も理解できる
  • 体力がある

 

3年目の看護師は、基本的な教育課程を終え、ある程度の看護スキルが備わっていますよね。

一人で夜勤もできるし、リーダー業務もできる。

転職しても、新人ほど手がかからず即戦力にもなれる。

おまけに体力十分で頭も柔軟!

 

採用側とすれば、こんなに旬で扱いやすい存在はありません

しかも、ベテラン看護師ほど給料を支払う必要もナシ。

 

だから、看護師3年目の転職はアリと断言できるわけです。

 

『3年目の転職=まだ早いんじゃないか?』という漠然としたイメージが妨げになって、なかなか踏み出すことができない看護師も自信を持って大丈夫ですよ!

 

次項では、実際に看護師3年目が転職する場合、どのような職場がオススメなのかをご紹介します!

 

 

看護師3年目の転職にオススメの転職先とオススメできない転職先

 

看護師3年目が転職する場合、具体的にどのような転職先がオススメなのでしょうか?

 

ポイントになるのは、『何を優先させたいか』です。

それによって、選ぶべき転職先は変わってきます。

 

それでは、看護師3年目の転職にオススメの転職先をご紹介しましょう。

合わせて、転職先選びをする際の注意点もご紹介します。

 

看護師3年目が転職にオススメの転職先

大学病院・総合病院

  • スキルアップ
  • キャリアアップ
  • 高収入
  • 高待遇
  • やりがいを感じたい

 

これらを優先させたい3年目の看護師は、大学病院や総合病院に転職するのがオススメです。

 

高度な医療を提供していますから、確実にスキルアップが可能ですし、やりがいも感じることができるでしょう。

医師や看護師のレベルも高いですから、学ぶことも多く刺激的。

 

教育体制も整っており、認定看護師や専門看護師になるためのサポートを行っている病院も多いです。

 

しかも、高収入・高待遇となれば一石二鳥ですよね!

 

ただし、3年目の看護師は、ある程度即戦力として求められます。

面倒だと感じていたチームリーダーやプリセプター、委員会、看護研究などの役回りは確実に回ってきます。

そこは、仕方がないと妥協するしかないでしょう。

 

外来・クリニック

  • プライベートの充実
  • 残業が少ない
  • 規則的な生活

 

これらを優先させたい3年目の看護師は、外来やクリニックに転職するのがオススメです。

 

夜勤もなく固定休ですし、残業も少ないですからプライベートは充実しますし、規則的な生活を送ることができます。

美容クリニックの場合だと、おまけに給料もお高めです。

 

また、専門的なクリニックや救急外来の場合であれば、さらにスキルアップも可能!

新たなステージとして、3年目の看護師でもまだまだ成長できる可能性を秘めているということですね。

 

訪問看護ステーション

  • 自分の実力を試したい
  • 地域密着看護
  • 高収入

 

これらを優先させたい3年目の看護師は、訪問看護ステーションに転職するのがオススメです。

 

訪問看護では、自分の知識やスキル・観察力・判断力が全て。

自分の実力を試したい看護師にはもってこいの職場です。

 

今は、指導に力を入れている訪問看護ステーションも増えていますから、訪問看護にはちょっと不安な3年目の看護師でも、職場さえ選べば問題なく働くことができますよ。

 

3年目看護師の転職にオススメできない転職先

看護師の転職先といえば、先ほどオススメの転職先で紹介しなかった介護施設を思い浮かべる人もいるかもしれませんね。

 

介護施設と言えば…

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保険施設
  • 有料老人ホーム
  • グループホーム
  • デイサービス

 

確かに、残業が少なく、比較的ゆったり働けることからプライベートを充実させたい看護師にはオススメの転職先かもしれません。

 

ただ、いくら旬で『看護師3年目の転職はアリ!』と言っても、あなたはまだ看護師としての道を歩き始めたばかり

これから成長していく可能性を大いに秘めているということを忘れないでください。

 

介護施設の場合、医療行為は極端に少なくなります。

看護師として成長する機会を、3年目という経験年数で自ら絶つことはオススメできません。

 

自分にとって楽な転職先を選びたくなるお気持ちはわかります。

でも、それはまだまだ先。

もっと先の将来なりたい看護師像を思い浮かべて、本当にこの転職先でいいのか?今一度自問自答することが大切。

 

看護師3年目の転職が、逃げではなく、自分の人生を豊かにするキッカケになるような転職先を選ぶようにして下さいね!

 

 

看護師3年目で転職した人の実際の声をご紹介!

 

ここで、看護師3年目で転職した人の実際の声をいくつかご紹介しましょう。

 

Aさん(一般病院から総合病院への転職)

 

初めての就職は、学生時代に実習でお世話になっていた一般病院でした。

慢性期が中心の病棟で、3年目になると毎日が退屈。

その割に、委員会の仕事やリーダー業務など、面倒な仕事は半ば押し付けのような扱いで転職を考え始めました。

 

選んだのは、総合病院。

急性期看護の経験はほとんどなく不安もありましたが、新しいステップを踏んでみようと一念発起!

 

「あ〜私看護師の仕事やっぱり好きだな〜」と、毎日充実した日々を過ごしています。

もちろん、委員会や看護研究など面倒な仕事もありますが、以前の自分とは違い、モチベーションが高いためか苦になりません。

 

3年目の転職に不安もありましたが、行動に移して本当に良かったです!

 

これは、看護師3年目の転職で成功した事例です。

 

働く環境が違うだけで、面倒な業務の捉え方も変わってくるんですから、改めて転職先選びは大切だということがわかる事例でしたね!

 

Bさん(総合病院から介護施設に転職)

 

私が新卒から働いていたのは、急性期病棟でした。

毎日忙しく、残業も多い…。

3年目になって、ふと思ったんです。

「自分の時間大切にできてないな…」

 

退職を申し出ましたが、上司の答えはNG。

「まだ3年目なんだから、ここで頑張りなさい!」なんてお決まりの引き止め文句を言われ、さらにテンションはガタ落ち。

 

結局、色々違う理由をつけて退職。

その後は、今より余裕を持って働けそうな介護施設に転職しました。

介護施設での仕事は、急性期病棟で働いていた私にとって、最初はかなり天国!

医療行為は少ないし、以前に比べて残業も少ないし、これなら続けられると思いました。

 

でも、だんだん退屈になり、お決まりのセリフで引き止めた上司の言葉の意味がやっとわかったんです。

結局、また転職することになり、今は慢性期の病棟で働いています。

 

看護師としての将来を考えたら、あのまま急性期病棟で頑張ってたほうが良かったかな〜とちょっぴり後悔しています。

 

これは、先ほどとは違い、看護師3年目の転職に少し後悔が残った事例です。

 

目先のことだけでなく、将来的に自分がどんな看護師になりたいかを考えて転職先を選ぶ必要があるということがわかる事例でしたね!

 

 

看護師3年目の転職でポイントになるのは、優秀な看護師転職サイトに出会うこと!

 

看護師3年目の転職はアリですが、職場選びは慎重にする必要があります。

今よりもっと自分にとって良い職場を選ぶためには、どうしたら良いのでしょうか?

 

その答えは、優秀な『看護師転職サイト』に出会うこと

「看護師転職サイトって、いっぱいあってどれがイイのかよくわかんない…」

 

確かに、その数は膨大!

迷ってしまうのは当然です。

 

ポイントになるのは、大手の看護師転職サイトを選ぶこと。

 

ただでさえ不安の強い看護師3年目での転職です。

「今回転職に失敗したから、また次の転職先を探そう…」

なんてことをしていたら、採用側も『仕事が続かない看護師』という印象を持ってしまいます。

 

だから、転職する際に条件が厳しくなるのも仕方がないこと。

  • 給料は○○円以上
  • 残業は○○時間以内
  • 夜勤は○○回以内
  • 有給消化率は○○%以上
  • 挑戦したい分野は○○
  • 若い世代の看護師が多い

 

でも、条件が多ければ多いほど、転職先の候補は狭まってしまいます。

紹介できる職場が少ない看護師転職サイトを選んでしまえば、結局は妥協して転職しなくてはなりません。

 

だから選ぶべきは、大手なんです!

 

大手の看護師転職サイトなら、実績もありますし、職場との強いコネクションもありますから安心です。

看護師3年目の転職活動に有利な情報や好条件の非公開求人も紹介してくれますからオススメですよ!

 

下記にオススメの大手看護師転職サイトをご紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。