短期間での退職は面接での退職理由で大逆転!伝え方や例文を紹介

「前職は短期間で退職したんだけど、面接で退職理由を聞かれたらどうしよう?ヤバいよなぁ・・・どこも採用してくれないかも・・・」

 

転職の面接では、必ずと言ってよいほど、前職での退職理由を質問されます。

前職を3ヶ月や半年など短期間で退職した場合、

「ヤバい。退職理由で不採用になるかも・・・」

と不安になるのは当然のことでです。

 

でも、大丈夫!

短期間で退職しても、退職理由を工夫することで、「短期間で退職した」というマイナスの印象をプラスに変えることができるんです。

面接官にプラスの印象を与えることができれば、採用に大きく近づくことができますよ!

 

この記事では、面接で聞かれる短期間で退職した理由や短期間で退職した時の退職理由の伝え方のポイントや例文などを説明していきます。

 

短期間で退職した人は面接での退職理由が大逆転のチャンス!

 

短期間で退職した人は、

「退職理由を面接で聞かれたらどうしよう・・・」

と思っているかもしれません。

 

確かに、普通に考えれば、短期間で退職した場合の退職理由はあなたにとってウィークポイント。

退職理由が仇になって、不採用になるかもしれません。

 

でも、面接官に

「その退職理由なら短期間で退職しても仕方ないな」

と思わせることができたら、あなたの退職理由は転職活動での大きな武器になるのです。

 

つまり、短期間での退職理由は諸刃の剣

あなたにとっては、転職の足を引っ張るものにもなりますが、転職の武器にもなるものです。

 

短期間で退職した人は、ネガティブになってはいけません。

だって、あなたは面接官を納得させられれば、マイナスポイントが大きなプラスになる大逆転のチャンスをつかんでいるのですから。

 

 

短期間での退職は悪いことではないんです!

 

短期間で退職した人は、

「ヤバい。短期間で退職しちゃったなぁ。人生失敗したかも」

と思っているかもしれません。

 

確かに、一般的には短期間で退職するのは悪いこと・良くないこととされています。

でも、本当にそうなのでしょうか?

自分に合わない職場・ブラックな職場なのに、我慢して我慢して、ストレスを溜めてまで長く働く。

これが良いことなのでしょうか?

 

違いますよね。

  • やりたい仕事ができない
  • 体調不良になるほどストレスがかかる職場で我慢する

これが良いことのはずがありません。

それなら、短期間でさっさと退職して、違う職場に転職した方が絶対に良いです。

 

特に、あなたが20代なら、数ヶ月も数年もさほど変わりません。

数年我慢して職歴を作るくらいなら、さっさと転職した方があなたの為です。

 

30代でもそうですね。

はっきり言えば、30代はもう転職を繰り返す年代ではありません。

でも、よく考えてください。

ここから先、あなたが年齢を重ねれば重ねるほど、転職は不利になっていきます。

短期間での退職で今転職するのと、数年我慢して数年後の年齢で転職するのは、どちらが有利ですか?

 

数年後よりもあなたの年齢は若い!(当たり前だけど)

そして、あなたには工夫次第で一発逆転の退職理由という武器がある!

だから、短期間での退職でも、今転職した方が有利に決まっています。

 

 

短期間での退職は面接で退職理由を必ず聞かれる理由がヒント!

 

短期間で退職したら面接で退職理由を必ず聞かれます。

なぜ短期間で退職すると、面接で退職理由を必ず聞かれるのかを考えると、あなたの退職理由を、転職活動の武器にするヒントが見えてくるんです。

 

では、面接官の気持ちになって考えてみましょう。

なぜ、短期間で退職した人の退職理由を知りたいのか?

 

<なぜ面接官は短期間での退職理由を知りたいのか?>

  • また短期間で退職されたら困るんですけど
  • 不満ばっかり言ってくるクレーマー気質だったら面倒だな

 

面接官は、採用したなら長く勤めてもらいたいと思っています。

というか、長く勤めてもらわないと困るんです。

 

また、小さなことにもすぐに不平不満を言うようなタイプ、すぐにパワハラだのモラハラだの言って騒ぎ立てるようなタイプを採用したら面倒なことになります。

短期間で退職する人は、すぐに不満を言うような人もいるので、そこを見極めたいと思うんですね。

 

さて、これで短期間で退職したら面接で退職理由をなぜ聞かれるかがわかりましたよね。

これを逆手に取れば、転職活動の武器になる退職理由が見えてきます

 

  • 今度はすぐに退職しないだろう
  • 不満ばかり言うようなタイプではないな

 

こう思ってもらえるような退職理由を考えれば良いんです。

 

では、次は具体的にあなたの武器となるような退職理由を考えていきましょう。

 

 

短期間で退職した時の面接での退職理由の伝え方の3つのポイント

 

短期間で退職した時の面接での退職理由の伝え方のポイントと例文を見ていきましょう。

 

 

退職理由は嘘も方便でポジティブに変換!

 

短期間での退職理由を考える時、あなたは正直に伝えることが一番良いと思っていませんか?

「正直に伝えれば、面接官はわかってくれる!」

こう思っているあなたは、いい人すぎます・・・。

 

その気持ちは大切ですが、日本には、

嘘も方便!

ということわざがあります。

本音と建前

という言葉もありますよね。

 

つまり、なんでも正直に言えば良いというわけではないんです。

特に、短期間で退職した時の退職理由は正直に言っても、マイナスイメージにしかなりません。

 

嘘も方便ということわざにしたがって、あなたの退職理由をポジティブに変換しましょう。

ポジティブに変換する方法はこちら!

 

1.仕事でやりたいことは何かを考える

2.やりたいことを目標にする

3.前職ではその目標を達成できないことを退職理由にする

 

この3ステップで退職理由をポジティブに変換しましょう。

 

 

悪口にならないように気を付けて!

 

短期間で退職した人は、前職に何らかの不満があったのだと思います。

前向きな気持ちでステップアップのために退職した人はほぼいないですよね。

 

そういう場合は面接での退職理由の伝え方に気をつけなければいけません。

なぜなら、退職理由が前職の悪口になりかねないからです。

 

前の職場の悪口を言ってしまうと、面接官は

「こいつ、クレーマー気質だな。不平不満ばかり言って、またすぐに退職しそう」

と考えます。

 

だから、前の職場の悪口・愚痴にならないように気を付けてください。

 

 

短期間で退職したことを不本意に感じていると伝えよう!

 

短期間で退職した人に対して、面接官は

「またすぐに退職されたら困るな」

と思っています。

 

その面接官の思いを払しょくするためにも、「短期間で退職したことを不本意に思っていること」を伝えましょう。

また、志望動機では今度は長く働きたいと思っていることをアピールしてください。

 

そうすれば、面接官の不安を解消できて、採用をグッと引き寄せることができます。

 

 

短期間で退職した場合の退職理由別の面接で使える例文

 

短期間で退職した人は、面接での退職理由が重要になることはこれまで説明してきた通りです。

具体的な例文を退職理由別に紹介していきます。

この例文をあなた仕様に変更すれば、きっと面接でのあなたの大きな武器になるはずです。

 

 

希望した配属先ではなかったことが退職理由の場合

 

配属先が希望とは違った場合は、基本的にそれをそのまま伝えて良いです。

ただ、「与えられた環境で努力はした」ということをアピールすると良いですよ。

 

「前職では営業事務として採用されましたが、実際には営業の仕事を担当することになりました。営業職として一から仕事を学び、結果を出せるように努力しましたが、仕事をする中で、やはり私は営業事務としてそれまでのパソコンスキルを活かし、さらにスキルアップできる仕事をしたいと思い、不本意ではありましたが退職して、営業事務として働ける会社に転職しようと判断しました。」

 

 

パワハラや人間関係に悩んだことが退職理由の場合

 

パワハラや人間関係に悩んで、短期間で退職した場合は、それをそのまま伝えてはいけません。

そのまま伝えると、

「人間関係がうまく構築できないタイプ」、「すぐにパワハラと騒ぎ立てるタイプ」と思われますから。

「人間関係がうまくいかない=コミュニケーションがうまくいかない」ということですので、それをポジティブに変換して、退職理由を作りましょう。

 

 

「前の会社では営業は個人主義で部署内での競争が推奨されていましたので、部署内での会話はほとんどなく、情報共有や協力・連携などはありませんでした。私としては、営業成績を上げるためには情報共有やチーム内での協力が必要と思ったため、自分から積極的に上司や先輩とコミュニケーションを取ろうとしましたが、力不足でうまくいきませんでした。チームとして営業をする仕事がしたいと思い、今回転職を決意いたしました。」

 

 

給料が安いことが退職理由の場合

 

給料が安いことが短期間での退職理由の場合は、「正当に評価してもらえるところで働きたい」というポジティブさを出すと良いでしょう。

 

「営業の仕事が好きで、前職では入社後すぐに顧客の新規開拓に取り組み、短期間のうちに結果を出すことができました。ただ、年功序列の社風だったためか、営業成績を正当に評価してもらえないことがあり、スキルアップしてモチベーションを高く保つためには、年齢だけでなく、成績・結果でも評価してもらえる会社で働いた方が良いと判断し、短期間で退職することにいたしました。」

 

 

短期間で退職して面接で退職理由を聞かれることに不安なら転職エージェントを利用しよう!

 

短期間で退職したら、面接では必ず退職理由を聞かれます。

 

面接で武器になる退職理由のポイントや例文を説明してきましたが、

やっぱり退職理由が不安!

という人もいますよね。

 

そういう人は、転職エージェントを使って転職しましょう

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーがあなたの転職の後押しをしてくれます。

キャリアアドバイザーは、面接であなたの武器になる退職理由を一緒に考えてくれます。

また、短期間で退職した人でも採用した実績がある企業の求人を紹介してくれますし、キャリアアドバイザーが企業にあなたが短期間で退職した理由のフォローを入れてくれるんです。

 

だから、転職エージェントを使えば、短期間で退職したことが転職の足枷になりませんし、それどころか退職理由を強力な武器にして転職活動ができるんです。

 

ここで紹介している転職エージェントは、無料ですべてのサービスを利用できますので、気軽に登録してみてくださいね。

おすすめの転職エージェント

【1位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

転職エージェントを利用するならマイナビエージェントなしでは考えられません。キャリアアドバイザーの質が非常に高く、利用者の満足度が高いのが特徴です。あなたの希望をぶつければ、的確なアドバイスと求人情報が提供されますので、相談するだけでもオススメです。

【2位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントは求人紹介実績が豊富で安定したサポートが受けられます。1社だけからの情報では不安、という慎重派のあなたや、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーとは相性がちょっと…というあなたは、是非ご利用ください。