転職エージェントで内定辞退はアリ! キャンセル時の断り方には要注意

転職エージェント内定辞退

「転職エージェントで内定もらったはいいけど、やっぱり内定辞退したい」

「内定辞退したら何か罰則とかあるのかな?」

転職エージェントで内定が決まってから、何らかの理由で「やっぱり…」と辞退したくなっていませんか?

面接ならまだしも、内定後のキャンセルなんて何となく断りづらく感じるかもしれませんが、でも大丈夫。

転職エージェントでの内定辞退はアリなんです。

ただ、断り方には気を付けましょう。

キャンセル理由など、今後またお世話になることを考えてキチンとしておかないとなりません。

転職エージェントに内定後の辞退を連絡する際の注意点、また、連絡方法(電話やメールなど)についてまとめました。

 

これを読めば、きっとあなたは

「内定いいけど、やっぱり気が進まないなぁ…」

と思うような企業に入社せずに済みます。

さぁ、もう一度、心から働きたいと思える会社を見つけるための転職活動を始めましょう。

転職エージェントへ内定辞退の連絡をするときの注意点

内定辞退は珍しいことではありません。

あなたの意志で自由にしていいので、したいのであれば迷わず辞退しましょう。

ただ、正直なところ「内定辞退したい…」なんて、内容が内容なだけに、協力してくれた転職エージェントに対して連絡しづらいですよね。

でも、「連絡」は社会人としてのマナーの一つ。決して音信不通になどなってはいけません。キチンと丁寧な対応で責任をもって連絡してください。

 

転職エージェントへの連絡は速やかに謙虚な姿勢で

あなたの自由意志で内定辞退は決められます。

ただ、そうは言っても、内定辞退は「転職エージェント」「相手企業」に迷惑をかける行為であることを忘れてはいけません。

 

転職エージェント側としては、相手企業に謝罪を入れなくてはいけないので早めの連絡を必要とします。

そのため、内定辞退したいと決まり次第、速やかに電話にてその意志を伝えるようにしましょう。

スグに電話することができない場合は、取り急ぎまずはメールで連絡を。

その後、しばらく時間を置いてから電話で連絡を入れるようにします。

転職エージェントがなかなか電話に出なくても、諦めず何度も電話して必ず出るまでかけてください。

 

メールをした後、連絡もせず音信不通になるなどもっての外。

メール後には必ず電話をし、自分の口からその旨を伝えてください

メールのみでの連絡は失礼にあたります。

 

ちなみに、応募先の企業に対して直接の連絡は不可です。

転職エージェントを通じての求人は、転職エージェントを通じて連絡するのがマナーとなります。

 

キャンセル理由はできるだけ明確に伝える

内定辞退するには、キャンセル理由を添えます。

 

<キャンセル理由の具体例>

  • どうしても入社日の調整がつかなかった
  • 同時期に受けた他社の選考に通過、内定が決まった
  • 地元で働きたい(勤務地が地元ではない場合)
  • 社風が自分に合わない
  • 給与面などの条件が合わない

 

なるべく嘘ではなく、言いづらくても真実を伝えましょう

どのような理由であっても必ず「最後まで悩んだのだけれど…」「せっかく選んでもらったのに断って申し訳ない」という文言を添えることを忘れずに。

例え、キャンセル理由が納得できないようなものであったとしても、そのような文言を一言二言添えるだけで相手側の気持ちを落ち着かせることができます。

 

また、キャンセル理由とともに必要なのが、辞退側の謝罪に対する姿勢

今後の付き合い方にも響きかねませんので、そこはきっちりと。

どのような理由であろうとも、「迷惑をかけてしまって申し訳ない」という気持ちが通じないことには、転職エージェント側も心から納得することができません。

くれぐれも「口先だけの謝罪」とならないよう気を付けましょう。

 

内定辞退後に担当者と気まずくならないためにできるその後の対応

転職活動を開始してから転職エージェントとの関係性は良好。

これまでずっと信頼し合って行ってきた転職活動も、中には内定辞退を機に気まずくなってしまうこともあります。

気まずくならないため、何かできることはないのでしょうか?

 

転職エージェント側は何とも思っていない

転職エージェント側としては内定辞退も日々の作業の一環なので、意外と、気まずいと思っているのは「あなただけ」ということがあります。

通常、求職者側が明確なキャンセル理由を添え、しっかりとした対応をとれば気まずくなるようなことはありません。

優秀な転職エージェントであれば尚の事、気まずくなるようなことにはなりません。

 

転職エージェントの担当者はそのままで

気まずくはあるものの、特別な理由もなく、ただ「気まずい」というだけで担当を変えたがる求職者もいます。

ただ、何ら問題のない担当者であれば、気にせずそのまま担当を続けてもらった方が今後の転職活動に有利に働くことも。

今までの転職活動、転職エージェントと密に連絡をとってきたことと思います。仕事上とはいえど、人間と人間。自然と友情のような何かしらの結びつきができているはずなので、言葉にはせずともその人の好み、求める職場の雰囲気など、分かり合える何かが築けている場合があります。

気まずいと思い込まず、今まで通り担当を続けてもらいましょう。

 

それでも気まずくなってしまったら

何をしても「どうしても気まずい…」というのであれば、転職エージェントの担当を他の人に変えてもらいましょう。

他の人であれば関係性を回復できるかもしれません。

 

それでもダメであれば、転職エージェントがあなたと合っていない可能性があります。

無理して関係を続けることはないので、いっそのこと他の転職エージェントに乗り換えてしまいましょう

 

内定辞退希望の撤回をしつこく求めてくる転職エージェントには毅然とした態度で

転職エージェント側も仕事です。

せっかく決まった内定が辞退となれば、転職エージェント側の責任にもなるので避けたいと考えるのは当然のこと。

そのため、転職エージェントの中には強引に引き留めてくるところもあります。

 

しつこい転職エージェントへの対処法

入社書類にサインをしていないのであれば、内定辞退はあくまでも求職者の自由。

しかも、早い段階で丁寧に辞退を申し出たのであれば、求職者側に何ら落ち度ではありませんので、転職エージェントが必要以上にしつこく辞退希望の撤回を要求してくる場合は、ハッキリとそれが違法行為になることを伝えましょう。

それでもしつこいようなら、転職エージェントの上層部と話し合い、「担当を変えてもらう」ことをお勧めします。

それでもダメなようでしたら、そこの転職エージェントとは縁を切り、他の転職エージェントに乗り換えてしまった方がいいでしょう。

 

転職エージェントとの出会いは一生を左右するかもしれません。

ダメなら乗り換え、新しい転職エージェントを探しましょう。

『内定辞退後に担当者と気まずくならないためにできるその後の対応』をしても、気まずくなってしまった場合もそうですが、もし、あなたが他の転職エージェントを探しているのであれば、こちらの転職エージェントがおススメです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

より良い転職活動のためにも転職エージェント選びは大切です。

何でも相談できてどんなことがあっても気まずくならない、そんな転職エージェントを探しましょう。

 

信頼できる転職エージェントとの出会いが、順調な転職活動をあなたに与えてくれます。

内定辞退したって問題なし!

一つでも気がかりなことがあれば迷わず内定辞退して、どんどん先に進んでいきましょう。

おすすめの転職エージェント

【1位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

転職エージェントを利用するならマイナビエージェントなしでは考えられません。キャリアアドバイザーの質が非常に高く、利用者の満足度が高いのが特徴です。あなたの希望をぶつければ、的確なアドバイスと求人情報が提供されますので、相談するだけでもオススメです。

【2位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントは求人紹介実績が豊富で安定したサポートが受けられます。1社だけからの情報では不安、という慎重派のあなたや、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーとは相性がちょっと…というあなたは、是非ご利用ください。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる