高卒は肉体労働や中小企業から脱出できる!優良企業に転職しよう!

高卒は肉体労働や中小企業から脱出できる!優良企業に転職しよう!

「高卒は肉体労働の仕事しかないでしょ。結局、これが現実だよね」

「高卒は中小企業だけだよね。大企業に転職なんて無理でしょ」

 

高卒は肉体労働や中小企業の仕事しかない。

あなたはそのように思い込んでいませんか?

 

その思い込みは、あなたを損させています。

損どころか、あなたを人生の負のスパイラルへと引きずり込み、無職、そしてホームレスへつながるものなんです。

 

でも、その思い込みを捨てれば大丈夫です!

 

高卒だってデスクワークやスーツを着る仕事、大企業や将来性のある企業で働くことはできます。

なぜなら、転職エージェントを頼れば、優良企業の「高卒以上」という条件のデスクワーク(スーツを着る仕事)の求人を紹介してもらえるからです。

 

負のスパイラルへ引きずり込まれないように、そして明るい未来を掴み取るために、今すぐ肉体労働や中小企業から脱出しましょう!

 

この記事では高卒のあなたが肉体労働や中小企業を脱出するための方法を詳しく説明してきます。

 

 

高卒は肉体労働や中小企業しかない?そんなわけはない!

 

高卒は肉体労働や中小企業の仕事しかない。

大企業の仕事だったり、デスクワーク・スーツを着る仕事ができるのは大卒だけ。

そう思い込んでいませんか?

 

え?違うの?

だってそうじゃないの?

そんな思い込みは今すぐ捨ててください。

 

高卒でも肉体労働以外の仕事はあります。

高卒でも大企業や優良企業で働くことはできます。

 

だから、今から大企業や優良企業で肉体労働以外の仕事をするための行動、つまり転職活動を始めるようにしましょう。

 

あなたが、

「どうせ高卒は肉体労働や中小企業の仕事しかないでしょ」

と思い込んでいたら、あなたは定年まで今の仕事を続けなければいけません。

というか、定年まで働けたら、ラッキーですけどね。

 

「定年まで働けたらラッキー?どういうこと?」

今のまま肉体労働や中小企業で働いていたら、あなたは定年まで働けない可能性があります。

無職になってしまう可能性があるんです。

 

肉体労働を続けたら、ケガをして働けなくなるかもしれません。

体力的に限界が来て、体調を崩す可能性もありますよね。

 

中小企業はこれからAI化が進む中、生き残りが難しくなる可能性があります。

倒産してしまったら、あなたは無職で放り出されるのです。

倒産しなくても、経営が傾いたら、「高卒で高齢の社員」は真っ先にリストラ対象になるでしょう。

 

また、少子高齢化が進み、安価で優秀な労働力を確保するために、これからの日本は外国人労働者を積極的に受け入れて行く方針です。

そうすると、優秀な外国人に職を奪われる可能性すらあります。

 

だから、あなたは今のまま肉体労働や中小企業で働いていたら、定年まで働けたらラッキーで、定年までに無職になる可能性があるんです。

 

無職は勘弁!絶対ヤダ!

と思ったあなたのために、高卒で肉体労働・中小企業から転職するための4ステップを説明していきます。

 

 

高卒で肉体労働・中小企業から転職するための4ステップ

 

高卒で肉体労働や中小企業から脱出して、大企業や優良企業に転職することはできます。

 

今から説明する4つのステップで、肉体労働や中小企業から脱出して無職のリスクを回避!

そして、明るい未来を掴み取りましょう!

 

 

ステップ:1.肉体労働・中小企業で働いた未来を想像する

 

高卒で肉体労働・中小企業から転職するためには、まずは今のまま働いた時の未来を想像しましょう。

転職活動の一歩を踏み出すためには、転職するためのモチベーションを上げる必要があります。

 

肉体労働・中小企業で働いた未来は、ハッキリ言って暗いです。

先ほど言ったように、定年まで働けない可能性もあるんです。

いや、むしろ定年まで勤めあげられる可能性の方が低いでしょう。

 

肉体労働・中小企業で働いた未来を想像すれば、

「今のままじゃヤバい!早く転職しなくちゃ!」

と思って、転職活動を始めるための動機づけをすることができるんです。

 

 

やり方

高卒で肉体労働・中小企業で働き続けた時の未来を具体的に想像してみてください。

 

 

肉体労働を続けた未来は・・・?

 

肉体労働をしているあなたは、今の時点で体力的にきついと思います。

今の仕事を定年退職まで、つまり60歳まで続ける自信はありますか?

自信たっぷりに

「定年まで肉体労働できる!」

と宣言できる人はほとんどいないと思います。

 

また、肉体労働をしていると、常にケガのリスクと隣り合わせだと思います。

仕事中に事故でケガをすることもあると思います。

また、安全に仕事をしていても、日々の積み重ねでケガをすることもありますよね。

 

さて、肉体労働でケガをしたらどうなるでしょう?

仕事は当然できません。

そうすると、解雇とはいかなくても、自主退職に追い込まれることは火を見るよりも明らかです。

下手をすれば、労災すら使わせてもらえず、多額の治療費を自腹で払い、そのまま追い出されるように退職という名の解雇状態になりかねません。

 

 

中小企業で働き続けた未来は・・・?

 

中小企業にも優良企業はたくさんあります。

でも、零細企業だったり、令和の今でも、

「ここはまだ昭和なのか・・・?」

と思うような中小企業もたくさんありますよね。

 

そのような中小企業で働いているあなたの未来も真っ暗です。

零細企業や古い体質の中小企業は、AI化が進む中では生き残っていくことができません。

 

世の中はペーパーレス化・クラウド化・IT化・AI化がどんどん進んでいますよね。

 

それでも時代の波に逆らって、書類は全部紙ベース。

紙ベースの書類には全部ハンコの押印が必要。

FAXもバリバリ現役!

上司はエクセルやパワポは一切使えない。

 

こういう中小企業はまだまだ多いです。

紙ベースの書類もケースバイケースで必要なこともありますが、紙至上主義は今の時代はさすがにヤバいですよね。

令和の時代は、メールやパワーポイントなどの利用も旧体質の会社と言われているのに・・・。

 

この時代にこのような古い体質の中小企業は当然ながら、淘汰されて、倒産して終わりです。

倒産までいかなくても、リストラされる可能性も高いです。

 

 

無職で放り出された未来は・・・?

 

高卒で肉体労働を続けても、古い体質の中小企業で働いていても、無職になるリスクが高いことが分かったと思います。

 

さて、高卒で無職で放り出された未来を想像してみましょう。

 

今放り出されるのではないですよ。

40〜50代で無職で放り出されるかもしれないんです。

40〜50代の高卒が無職

しかも、ケガをしていたり、特に有利になるような資格を持っていなかったりというオプション付きです。

 

人生真っ暗じゃん!

高卒・40〜50代・転職に有利なオプションは1個もない。

そう。

人生真っ暗なんです。

 

しかも、あなたが独身だったらまだ何とかなります。

自分ひとりならどうにでもなるから。

家族がいたら?

お金がないから、子どもを進学させることができず、あなたの子どもは高卒どころか中卒・・・。

あなたのせいで子どもの人生も真っ暗にしてしまうかもしれません。

 

 

ステップ:2.明るい未来を掴み取る決心をする

 

高卒で肉体労働や中小企業から脱出するためのステップ2は、明るい未来を掴み取る決心をすることです。

 

ステップ1で身震いするほど真っ暗な人生を想像しましたよね。

ステップ2では、その真っ暗な人生を歩まずに、明るい未来を自分の力で掴み取るための決心をしましょう。

 

この決心をすることで、あなたの転職活動のモチベーションは上がります

そして、「何が何でも肉体労働や中小企業から脱出するんだ!」という意思は、面接で熱意として面接官に伝わるのです。

 

 

やり方

 

あなたは、おそらく高卒という学歴にコンプレックスを持っていますよね。

そのコンプレックスがあるから、

「どうせ高卒だから・・・」

「高卒に大企業や優良企業は無理」

と決めつけているのだと思います。

 

確かに、日本は学歴社会です。

でも、「高卒だから大卒よりも能力的に劣っている。高卒は大卒に勝てない」というわけではありません。

あなたの努力によって、学歴を覆すことは可能です。

学歴では負けていても、仕事では大卒に勝つことはできるんです。

 

ちなみに、ZOZOの前社長で株式会社スタートトゥデイの社長である前澤友作氏も高卒です。

 

だから、これからの人生をどうするかはあなた次第。

コンプレックスと向き合い、そのコンプレックスを力にして、

「絶対に肉体労働や中小企業から脱出する!明るい未来を勝ち取る!」

と決心するようにしましょう。

 

 

ステップ:3.どんな企業なら良いかを検討する

 

ステップ2までで、現状に危機感を持ち、転職へのモチベーションが高まったと思います。

 

そしたら、いよいよどんな業種・職種に転職すれば良いかを検討しましょう。

高卒で肉体労働や中小企業から脱出するには、

「とりあえず、転職できればどこでも良い!」

というわけにはいきませんよね。

「どこでも良い」

という姿勢で転職すると、おそらくまた肉体労働や中小企業地獄にはまりますから。

 

だから、肉体労働や中小企業から脱出するためには、どんな企業が良いかを真剣に検討する必要があるのです。

 

 

やり方

 

高卒が肉体労働や中小企業から脱出するためには、次の大前提を満たした業種・職種を探さなければいけません。

 

AI化でも淘汰されない!

 

これからどんどんAI化が進んでいく中で、淘汰される職種・業種はありますよね。

さらに、AI化の波に乗ろうとしない企業、波に乗るのを失敗した企業も出てくると思います。

そういう職種・業種・企業はお先真っ暗です。

 

だから、「AI化が進んでも淘汰されない」業種・職種・企業を探す必要があるのです。

 

ちなみに、「倒産」という面だけで見ると、大企業に転職すればある程度は安心です。

大企業はよほどのことがない限り、倒産しませんから。

ただ、高卒だとリストラ対象になることはあります。

また、今からの時代は、大企業だからと言って安心・安定というわけでもありません

 

だから、高卒が肉体労働や中小企業から脱出するためには、大企業というのは1つの条件であることは間違いありません。

でも、「大企業」は絶対条件ではないんです。

 

絶対条件は「AI化でも淘汰されない業種・職種・企業」であること

これを大前提として、転職先を探しましょう。

 

「AI化でも淘汰されない業種・職種・企業って具体的に何?」というあなたは、この後に説明する「理由:2.優良企業を相談できる」を読んでください。

 

 

ステップ:4.転職活動を今すぐ始める

 

高卒が肉体労働や中小企業から脱出するためのステップ4は、転職活動を今すぐ始めることです。

思い立ったが吉日!

今すぐ転職活動を始めて下さい。

 

転職は若ければ若いほど有利になります。

「そのうち転職すればいいかな」

と思っていたら、いつの間にか40代になり50代になり、気づいたら無職ということになります。

 

だから、転職活動を今すぐ始めてください。

今すぐ転職活動を始めることが肉体労働や中小企業から脱出して、優良企業に転職できる可能性を高めることができるんです。

 

 

やり方

 

高卒が肉体労働や中小企業から脱出するためには、まずは転職エージェントに登録しましょう。

高卒が肉体労働や中小企業から脱出して優良企業に転職するのは、ハッキリ言って簡単なことではありません。

でも、転職エージェントを使うことで、転職成功の確率を上げることができるのです。

 

 

高卒で肉体労働・中小企業から脱出するには転職エージェントが必須の5つの理由

 

 

高卒で肉体労働・中小企業から脱出して優良企業に転職するためには、転職エージェントを使って転職活動をすることが必須条件になります。

 

今からその理由を5つ紹介していきます。

 

 

理由:1.肉体労働ではない求人がたくさんある

 

転職エージェントには、肉体労働ではない求人がたくさんあります。

 

  • 営業職
  • SEやプログラマー
  • エンジニア
  • 企画やマーケティング

 

転職エージェントではこのようなデスクワークの求人をたくさん扱っています。

そのため、転職エージェントは肉体労働から脱出するための近道になるんです。

 

「AI化が進むと、営業職って淘汰されてなくなるって聞いたことがあるんだけどさぁ」

このような疑問を持った人もいると思います。

確かに、AI化が進むことで、淘汰される営業職の人もいます。

でも、生き残る営業職もいるんです。

 

マニュアルトークだけしているような営業職は淘汰されるかもしれません。

でも、顧客の相談相手になれるような営業職はAI化がある程度進んでも生き残ることができます。

 

「ある程度?っていうことは、そのうち営業職は淘汰される?」

そうですね。

100年後には営業職はAIに完全に仕事を奪われるかもしれません。

でも、30〜40年程度なら、まだ優秀な営業職は生き残れるはずです。

特に、法人向けのBtoBは生き残る可能性が高いです。

 

今のうちに営業職で経験を積んで、生き残れるような営業マンになれるようにスキルアップする。

それから、そのノウハウを活かしてAIを成長させる側に回るというが理想です。

あなたの営業スキルを活かして、営業用AIを成長させる仕事をするんです。

 

これで、あなたは高卒でも優良企業でスーツを着た仕事を安定して続けていくことができるんです。

 

 

理由:2.優良企業を相談できる

 

「AI化でも淘汰されない業種・職種・企業って、結局のところ何?全然わからないんだけど」という人も、転職エージェントを使えば大丈夫です。

 

転職エージェントでは転職のプロであるキャリアアドバイザーに相談することができます。

キャリアアドバイザーなら、今度どのような業種・職種がAI化によって淘汰されるかを教えてくれますし、どんな企業が古い体質のままなのかなどの情報も持っています。

 

だから、転職エージェントを使うと、AI化でも淘汰されない優良企業の求人を紹介してもらえるんです。

 

 

理由:3.大企業の求人も豊富

 

転職エージェントには大企業の求人が豊富にあります。

大企業は優良企業の1つの条件でしたよね。

 

転職エージェントを使えば、高卒でも中小企業から大企業に転職できる可能性があるんです。

転職エージェントでは上場企業の求人や誰でも一度は社名を耳にしたことがある有名企業の求人を扱っていますよ。

 

 

理由:4.優良企業の求人が集まる

 

高卒で肉体労働・中小企業から脱出するために転職エージェントの使用が必須という理由の4つ目は、優良企業の求人が集まるからです。

 

転職エージェントには優良求人が集まるんです。

なぜなら、企業にとっては、転職エージェントから人材を採用すると、質の高い人材を確保できるけれど、コストがかかります。

質が良く、求めているような人材を紹介してもらえるけれど、採用した人材の想定年収の約3割を転職エージェントに支払わなければいけないからです。

 

つまり、転職エージェントに求人を出している企業は、コストはかかっても人材の質にこだわりたいと思っているんです。

人材の質にこだわって、その部分には支出を惜しまないという企業は未来がありますよね。

そういう企業は、今後成長していく可能性が高いんです。

つまり、AI化が進んでも淘汰されることはない優良企業というわけですね。

 

そのような企業の求人が多い転職エージェントを使わない手はないですよね。

 

 

理由:5.キャリアアドバイザーがサポートしてくれる

 

高卒で現在は肉体労働や中小企業で働いているあなたは、転職活動に自信がありますか?

肉体労働ではなく、どんな仕事が向いているかわかっていますか?

履歴書や職務経歴書の作成はできますか?

志望動機・自己PRは良いものを考えられますか?

面接でのマナーは大丈夫でしょうか?

 

「全然自信がない!!!超不安!」

という人が多いと思います。

 

転職エージェントを使うと、キャリアアドバイザーがサポートしてくれます

キャリアの棚卸しから履歴書や職務経歴書の作成の手伝いや添削をしてくれたり、志望動機や自己PRを一緒に考えてくれます。

模擬面接もしてくれます。

高卒の中途採用者の採用実績がある優良企業の求人を紹介してくれたり、企業側にあなたを宣言・PRをしてくれます。

 

だから、高卒で肉体労働・中小企業から脱出したいなら、転職エージェントを利用すべきなんです。

 

 

高卒で肉体労働・中小企業から脱出するには今すぐ行動を開始!

 

高卒で肉体労働・中小企業から脱出するには、今すぐ行動を開始しましょう!

「今すぐに」です!

 

「今すぐじゃなくちゃダメ?」

と思うかもしれませんが、先ほど言ったように転職は若ければ若いほど有利です。

だから、肉体労働や中小企業から脱出するためには、今すぐ転職活動を始めるべきなんです。

「そのうち転職すればいいや」

と思っていたら、あっという間に40代になり、さすがに高卒で優良企業への転職は無理という状態になってしまいます。

また、いつ肉体労働でケガをするかわかりません。

いつリストラされたり、会社が倒産するかわかりません。

そんな状態になる前に、優良企業に転職しましょう。

 

「転職エージェントって高卒でも使えるの?大卒限定のイメージがあるけど・・・」

と不安も必要ありません。

転職エージェントは誰でも利用できます

学歴は関係ありません。

だから、安心してください。

 

さぁ、まずは転職エージェントに登録して、キャリアアドバイザーと二人三脚で肉体労働や中小企業から脱出して、優良企業に転職し、明るい未来を掴み取りましょう!

おすすめの転職エージェント

【1位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

転職エージェントを利用するならマイナビエージェントなしでは考えられません。キャリアアドバイザーの質が非常に高く、利用者の満足度が高いのが特徴です。あなたの希望をぶつければ、的確なアドバイスと求人情報が提供されますので、相談するだけでもオススメです。

【2位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントは求人紹介実績が豊富で安定したサポートが受けられます。1社だけからの情報では不安、という慎重派のあなたや、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーとは相性がちょっと…というあなたは、是非ご利用ください。