アパレルを辞めたい理由は人手不足?本当の望みが叶う仕事術と転職先

「アパレル販売員はきつい」「将来性が無い」「もう辞めたい」

日々そんな風に感じているあなた。

でもアパレル業界を離れるのは不安だし、なんだか思い切れない・・・・そんなことを思いながら、このページにたどりついたことと思います。

 

でも、もしも、あなたは本当はアパレルを続けたいと思っているのですと言われたらどうでしょう。

 

矛盾してるじゃん!!

 

などと思われるかもしれませんね。

 

私がこんなことを言い出すのも理由があります。

 

私は、これまでアパレルの仕事に疲れてしまった、という転職希望者にたくさんお会いしました。

しかし、その方達の多くは、最終的にはまたアパレルに転職されたのです。

 

実はアパレル販売員を辞めた人の5割はまたアパレルに転職しているという統計があります。

そして、他業種に転職したけれども、アパレルに戻る方も多いのです

 

アパレル販売員を辞めたいと思っていたはずなのに、なぜまたアパレルに転職するのでしょうか。

 

答えは単純で、本当はアパレルを辞めたいわけではなかったから

 

表面上は「辞めたい」と思っているように感じていた人も、深層心理では「辞めたくない」と思っていたのです。

 

矛盾しているように見えますが、そこには「潜在意識」の存在が関わっています。

 

もしもあなたが、上記の方々のように、深層心理では「アパレルを辞めたくない」と思っているのであれば、今辞めてしまうのはもったいないことです。

 

また、あなたが辞めたいと思っている原因も、もしかしたら解消できるものかもしれませんよ。

 

このページでは、

  • アパレルを辞めたいのに辞められないのは「本当は辞めなくてもよい」という潜在意識があるから
  • アパレルを辞めたいと思う原因とその解決方法
  • それでも他業種・他職種がやりたい場合はどんなルートがあるのか

という3つについてお話しします。

 

一旦立ち止まり、あなたの気持ちや状況を整理してみませんか?

 

自分の本当の気持ちと状況がわかれば。あなたが本当にすべきことが見え、自信をもって次の行動を実行することができるはずです。

アパレルを辞めたいのに辞められないのは「本当は辞めなくてもよい」という潜在意識があるから

あなたが本当にすべきことを知るには、「アパレルを辞めたい」という表面上の気持ちと、それに相反する「辞めたくない」という気持ちをそれぞれ詳しく掘り下げる必要があります。

 

潜在意識と深層心理とは

まず、潜在意識や深層心理とは何でしょうか。

表に見える部分が「顕在意識」、つまり表向きの感情や行動です。

そして、水面下に隠れていて見えていない部分が「潜在意識」、つまり常に心の奥底にある考えです。

「潜在意識」は常に脳裏に染みついているため、私たちの感情や行動は、表面上の考えよりも、この「潜在意識」に強く影響を受けています。

 

「潜在意識」によって生み出されるのが「深層心理」であり、それは時に表向きの考えと違ってくることがあります。

 

例えば、「ダイエット」。

消費するカロリーよりも摂取するカロリーが少なければ痩せられる、と知っていても、甘いものやお酒がやめられなかったりしますよね。

その理由は、「本当にダイエットしようと思っていないから」です。

表面上は「カロリーオーバーだ」と思っていても、潜在意識に「そこまで激しいダイエットをする必要が無い」「食べないのも体に悪い」等という考えがあるため、深層心理では「ダイエットしなくていいや」という結論が出てしまっています。

そして、潜在意識は顕在意識よりも強いため、結局美味しく食べることを選ぶ、ということなのです。

 

アパレルを辞めたいのに辞めないのはなぜか

今のあなたの「アパレルを辞めたいと思っているけれども行動に移せない」というのも、上述と同じ事が起こっています。

表面上では。「アパレルは大変だから辞めたい」と思っているようでも、潜在意識には「アパレルが楽しい」「このままアパレルを続けたほうが自分にとって良いことだ」という思いがあります。

その結果、深層心理では、

「アパレルを辞めなくてよい」という結論が出ている

のです。

 

心底辞めたいと思っていれば、もう実際に辞めたり、辞める準備に入っていることでしょう。

そうではなく、迷いがあるならば、やはりあなたは深層心理では、「アパレルを続けたい!」と思っていると言えます。

 

その証拠に、アパレルを辞めたい理由もあるけれども、続けたい理由もあるのではありませんか?

例えば、「トレンドをとりいれたコーディネートを考えるのはワクワクする」「お客さんに似合う洋服を選んで喜ばれる瞬間が1番嬉しい」など、アパレル販売員の仕事に対して幸せを感じる瞬間があると思います。

 

もし、そういった思いがあるのなら、辞めないでも済む道を模索してみましょう。

 

アパレルを辞めたい理由は解決できないのか

そもそも、辞めたい理由はアパレル業界から離れなければ解決できないものでしょうか。

 

職場での過ごし方を変えることで解決できることもあれば、同じアパレルでも会社が変えればルールも変わったりします。

 

もし、それで解決するのなら、大好きなアパレルを辞めないでも、環境を変えることができます。

 

次項では、不満の理由を解決する方法を紹介していきます。

 

アパレルを辞めたい理由とその解決方法

では、改めてアパレル販売員が抱く、アパレルを辞めたい理由は何でしょうか。

 

よく聞く理由としては、

等です。

 

それぞれの理由ごとに解決方法がないか見ていきましょう。

 

手取りが少ない

アパレル販売員は、役職が付くまでは昇給が無い、というところもザラです。

また、店舗に立つ際に必要な社販がしんどい、という人も多いでしょう。接客中は社販で購入した服を着る必要があり、更にトレンドなども考慮しなければならず、最終的には結構な金額になってしまいます。

結局、手元には最低限の生活費だけ、ということもあります。

また、これは後ほど詳しく述べますが、ノルマを達成できなければ自腹を切ることもあるため、ますます手取りが少なくなってしまいます。

 

解決方法

給与を上げるには、

ラグジュアリーブランドに転職するのが1番です。

職場を変えるのは大変と思うでしょうが、給与が少ない、と口で言っていても給与は変わりません。

培った経験やスキルを生かして次のステージを目指す方が建設的です。

外資系のブランドに転職すれば、

前職より年収が10%以上上がることもよくあります。

この「アパレル業界内で転職して前職より年収10%アップ」を何度も繰り返せば良いのです。

アパレル業界を離れること無く、スキルを積み上げながら、年収をアップさせることができます。

 

ノルマが大変

個人売りと言われるノルマ達成が大変、という話もよく聞きます。

ブランドによっては、達成できなければ叱責されることもあります。

また、達成できなければ自腹で買って凌ぐというのが暗黙の了解になっており、ノルマは、心理的のみならず金銭的な重圧となります。

プレッシャーが辛く、ノルマのためだけに洋服を買うことがストレスになり、辞める人も少なくありません。

 

解決方法

まずは、前述の「潜在意識」を上手く使って、ノルマに対する意識を変えるという方法を試してみましょう。

 

「ノルマは辛いもので達成は難しい」という意識を、「ノルマは達成できるものだから楽しい」に書き換えてしまうのです。

 

それには、「達成した」と思える体験を積み重ねる必要があります。

達成のハードルを下げてみましょう。

具体的には、1ヶ月分のノルマを日割りで計算して、1日分の目標を立てます。すると、たとえ1ヶ月のスパンではノルマに届いていなくても、「1ヶ月間のうち○日間は達成できた」という見方ができますよね。

これを続けていくと、ノルマに対して、「できた」と思える体験が積み重なっていきます。

人は、「できる」と思えることは楽しく、また習慣化していきます。

潜在意識に「できる」という意識を刻み込めば、ノルマに対する楽しさが芽生えてきます。

さらに、楽しいときの行動が習慣化しますので、無意識に成功したときと同じ行動を取るようになります。

そうすれば、自然と月単位でもノルマを達成できるようになっていくというわけです。

 

それでもどうしてもノルマが嫌なのであれば、ノルマが無い所へ転職するのもありです。

最近は、ノルマのストレスが原因で辞める社員も多いため、ノルマを無くしているアパレル会社も多くなっています。

ノルマさえなければ・・という方なら、これで引き続きアパレル業界でも楽しく働けます。

 

労働時間が長い

アパレル販売員は、立ち仕事が主です。ヒールを履いて何時間も接客をするのは体力的にも辛いものがあります。

また、何十着もある服の品出しや、在庫のチェック、発注などの裏方の仕事もあるのに、接客に時間を取られてしまい、残業をすることもあるでしょう。

遅くまで営業している店舗に勤めていれば、拘束時間も長くなります。

 

解決方法

まず、体力的な部分は、靴を工夫しましょう。店頭以外ではヒールが低い靴にする等です。

店頭では、ヒールの高い靴を履くことは避けられないかもしれませんが、実は裏方の仕事の時はぺたんこ靴でも問題ありません。

お店に相談してみましょう。高確率で了承してもらえるはずです。

 

また、繁忙期の残業はアパレルに限らず、どこの業界でもあることだと心得ておきましょう。

ただ、普段から残業が常態化しているならば、見直す必要があります。

自身の業務の効率は悪くありませんか?お客さんの少ない時期でも、繁忙期と同じ仕事の仕方をしていませんか?

そうなら、そこを見直す必要があります。

例えば、仕事の優先順位。繁忙期は閉店後にやっている作業も、時期によっては接客の合間にささっとやってしまえることがあります。

また、閑散期は、先輩に色々聞いたり、商品知識をつけたり等をして、仕事の効率化に取り組める時期でもあります。

 

それでも、毎日残業しないと仕事が回らない!というなら、

そもそもが人手不足の可能性があります。

 

また、人手不足の原因が、すぐ辞める人が多いから、なんてことはないでしょうか。

急に人が辞めた等で、シフトが組めない場合、他店舗や本社からのヘルプなどをお願いするなどして調整することもできるはずです。

セールなどの繁忙期ならまだしも、普段からそれができない状態が続いている会社なのであれば、今後も労働時間の解決は望めません。

定着率がよく、人手に余裕があるアパレル会社への転職を考えましょう。

そうすれば、同じアパレル業界でも、メリハリのある働き方が出来るようになります。

 

土日に休めない

アパレルは、世間一般の人がお休みのときこそ稼ぎ時です。

よって、土日祝日や、年末年始に休めないこともあります。

親しい友人や恋人と予定が合わないと、人付き合いも減ってしまいますよね。

アパレルであれば、ある程度はしょうがないことといえます。

 

解決方法

休みたいところは、シフトを相談してみましょう。どうしてものときは、有給を使って休むのも一つです。

繁忙期等、難しい時もありますが、休みを取るのは労働者の権利ですから、堂々とお願いしましょう。

 

ここで休ませてくれない場合は、会社の方がおかしいと思ってよいでしょう。

 

有給は使わないのが普通、という社風がまかり通っているようであれば、そういった会社に無理して残る必要はありません。

社員のプライベートを尊重してくれる会社に転職しましょう。

見極めは難しいのですが、有休取得をきちんと管理している企業であれば、求人情報に有給取得率や、季節休暇等の福利厚生について明記してある場合が多いです。

休み方がわかれば、土日が忙しいと言われるアパレル業界でも安心して働けますよね。

 

キャリアパスが無く、将来性が無い

給与の項でも触れましたが、アパレル販売員には、明確なキャリアパスがないことが多々あります。

店長クラスになることを目指す人もいますが、同じ会社で店長まで行ける人は一握りです。

また、20代向け等ターゲットが絞られているブランドでは、販売員も20代ばかりで、自分もいつまで働けるのか・・・と不安になってしまいます。

 

解決方法

アパレル業界においては、

一つの会社で働き続けるよりも、より良い会社へ転職をしていく方がスキルもキャリアもアップします。

 

また、幅広い年代が働いているブランドへの転職をすることも戦略の一つです。

これまでアパレルで働いてきた経験があるのであれば、無理をして他業界に飛び込むより、それを生かしてより今の自分にふさわしいアパレル企業へ転職する方が、将来的なキャリアアップになります。

 

同僚や上司との関係

美意識の高い女性が集まるアパレルでは、理想も高い人が多いため、接客や運営に関する意見の食い違いで店員同士の衝突もしばしば、という話を耳にします。

店長との折り合いが悪いと、評価してもらえない、なんてことも・・・。

 

解決方法

何度か繰り返していることではありますが、

 

人間関係のストレスはアパレル以外でもあることです。

 

よって、アパレル業界を離れたら解決するということではありません。

どんな職場でも思いがあるゆえに意見が衝突することもあるし、中には相性の悪い人がいる、ということを念頭に置きましょう。

仕事だから、となんとかつきあっていくコミュニケーション力を付ける努力をしましょう。

あまりに理不尽であれば、周りのスタッフや、本部に相談する、と言う方法もあります。

他の店舗に異動するなどの配慮をしてくれる場合があります。

 

 

いかがでしたでしょうか。あなたの状況に当てはまりましたか?

もしそうなら、いまのキャリアをみすみす手放す必要はありません。

アパレル業界で働きつつ、よりよい環境となるよう、行動すればよいのです。

 

アパレル業界内で転職を目指すならアパレル特化型転職エージェントを使おう

さて、辞めたい理由によっては、より条件の良い他のアパレル会社に転職することで解決できる、とお話ししました。

 

しかし、新たにこんな心配もあります。

  • 自分のスキルにあったブランドをどう探せばいいかわからない
  • 人手が足りていて、プライベートも大切にできる企業がよいけれども、求人情報からではわからない

 

そういった人は、

転職エージェントを利用しましょう。

あなたのキャリアプランを相談することもできますし、年収の交渉もサポートしてくれます。

また、エージェント経由であれば、会社の内情も詳しく聞けるので、より希望にかなった転職ができます。

 

例えば、アパレル特化型の転職エージェント「クリーデンス

は、キャリアアドバイザーのほとんどがアパレル業界出身ですので、アパレルならではの内部事情にも詳しいのでおすすめです。

 

それでも他業種・他職種がやりたい場合はどんなルートがあるのか

最後に、それでもやはりチャレンジしてみたい、という方のためのお話をしましょう。

自分はアパレルに向いているかも知れないけれども、やはり他の世界を見て確かめたい、という場合は、以下のようなアパレルのキャリアを生かした転職をすることをおすすめします。

また、ルートごとにおすすめの転職情報サイトも紹介します。

 

アパレルメーカーの各職種

アパレルメーカーの商品企画や、マーケティングです。

アパレル販売員の経験を生かし、「作る側」からアパレルに関わることができます。

アパレルメーカーに転職したいなら、やはり業界に強い、アパレル特化型転職エージェント「クリーデンス」がおすすめです。

 

他の小売販売職

アパレル販売員としての経験をそのまま生かせるのが、他の小売り販売職です。

特にジュエリーや、雑貨などは、前職とターゲット層が近いブランドを選ぶことで雰囲気もわかりやすいです。

 

業種・案件共に豊富な転職サイト「リクナビNEXT」がおすすめです。

 

ホテルや飲食などのサービス業の接客業

ホテルや飲食店などの接客業も選択肢の一つです。ホテルやお店の看板として、きちんとした立ち振る舞いが求められますので、販売員として培ってきた接客テクニックが役立ちます。

高級レストラン等であれば、商品説明等のスキルを生かすことができます。

また、近年は外国人のお客様も増えているので、語学力を高めていきたい場合もおすすめです。

業種・案件共に豊富な転職サイト「リクナビNEXT」がおすすめです。

 

事務職

営業サポートや電話・メール対応等の事務職もおすすめです。販売員経験で身に付けたコミュニケーション能力が生かせます。

詳しくはこちらも参照して下さい→「アパレルから事務職に転職!体験談からわかる志望動機・自己PR例」

業種・案件共に豊富な転職サイト「リクナビNEXT」がおすすめです。

 

営業職

コミュニケーション能力を生かした職種としては、営業職などもあります。

未経験者でも採用されやすいのが、営業職の特徴です。

自分の興味があるジャンルの営業職につくことができれば、新境地が開けることもあります。

洋服のように身近な商材、例えば、不動産賃貸仲介業や、インテリアデザイン、化粧品等の美容商材等を扱う企業のルート営業などが特におすすめです。

 

ただ、未経験者を受け入れている分、業界の選択は慎重に行うべきです。

各業界の営業職に詳しい転職エージェントの力を借りることをおすすめします。

それぞれ幅広い案件と、高いサポート力の

転職エージェント

リクルートエージェント

マイナビエージェント

がおすすめです。

おすすめの転職エージェント

【1位】マイナビエージェント

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

転職エージェントを利用するならマイナビエージェントなしでは考えられません。キャリアアドバイザーの質が非常に高く、利用者の満足度が高いのが特徴です。あなたの希望をぶつければ、的確なアドバイスと求人情報が提供されますので、相談するだけでもオススメです。

【2位】リクルートエージェント


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社リクルートキャリア

リクルートエージェントは求人紹介実績が豊富で安定したサポートが受けられます。1社だけからの情報では不安、という慎重派のあなたや、マイナビエージェントのキャリアアドバイザーとは相性がちょっと…というあなたは、是非ご利用ください。