看護師でガソリン代支給のある職場はある?知らない人は損をしてる?

看護師でガソリン代支給のある職場はある?知らない人は損をしてる?

看護師でガソリン代支給のある職場はあると思いますか?

「交通費にはガソリン代も含まれるのは当然でしょ?」

「交通費って、電車代とかバス代のことだから、ガソリン代は支給されないでしょ?」

 

この質問は、土地柄によっても答えが変わってくるかもしれません。

 

結論から言うと…

『看護師でガソリン代支給のある職場はある!』

 

だから、特に車通勤の人は、ガソリン代支給のある職場で働かないと損!ということになります。

 

では、支給されるガソリン代は、一体どのように計算されるのでしょうか?

詳しくご紹介します!

看護師でガソリン代支給のある職場はある!塵も積もれば山となる!

看護師でガソリン代支給のある職場はあるのか?

先ほどもご紹介したように、こんなことを質問すると、土地柄によっては「え?何言ってるの?」と思われる人もいるかもしれません。

 

というのも…

特に北海道など、車通勤が多い職場で働く看護師にとっては、ガソリン代支給のある職場は『当たり前』

ただ、公共交通機関の発達している土地では、『交通費=電車代やバス代』という認識の強い人が多いんです。

 

でも、実際に車通勤をしている看護師はいるわけで、ガソリン代がかかっていることも事実。

 

例えば、自宅から職場までの距離が往復20kmだったとしましょう。

車によっても違いますが、燃費が20km/Lの場合、毎日1Lのガソリンを消費することになります。

 

今のガソリン代の平均は、145円/L。

つまり、毎日145円のガソリン代がかかるということです。

 

「1日145円なら、たいした値段じゃなくない?お茶1本じゃん!」

 

でも、塵も積もれば山となる!

1ヶ月に20日出勤日があったとしたら、2900円がかかります。

1年にすると、34800円!

 

こりゃ~見過ごせません。

 

車通勤の場合、プライベートでも使用するため、案外通勤費でいくら損してるんだろう?と考える機会が少ないのかもしれません。

年間30000円以上浮くのであれば、ちょっとしたプチ旅行に行けちゃいますよね。

 

だから、車通勤の看護師は、ガソリン代支給のある職場で働かないと損!ということです。

では、ガソリン代は、一体どうやって計算するのか?

次項でご紹介しましょう。

 

看護師でガソリン代支給のある職場はどうやって計算してる?意外な盲点とは?

看護師でガソリン代支給のある職場の場合、どのように計算されているのでしょうか?

車によっても燃費は違うわけですし、電車代やバス代のように単純に計算するのは難しそうですよね…。

 

実は、通勤費自体は、事業主側の判断で支給の基準を定めることができるんです。

ただ、非課税限度額と言うものがあり、上限額は決められています。

 

マイカー通勤の交通費限度額

出典:No.2585 マイカー・自転車通勤者の通勤手当|国税庁

 

 

この上限を超えてしまうと、それは課税対象になってしまうということですね。

 

では、実際にガソリン代は、どのように計算されるのか?

 

一般的な計算方法をご紹介しましょう。

『往復距離×1カ月の平均労働日数×ガソリン代÷平均燃費』

 

平均燃費は、国土交通省が定めているもので計算されます。

 

距離の測定方法は、職場によっても違いがあるようです。

マップ上の直線距離で計算する場合もあれば、通勤までの最短距離で計算する場合もあります。

 

どう頑張っても、自宅から職場まで直線距離で通える人はいないでしょうから、ちょっと損をしてしまう看護師もいるかもしれませんね。

 

また、ここまで厳密に計算せず、○○km~□□kmは一律▲▲円!とあらかじめ定めている職場もあります。

 

どちらにしても、貰えるものは貰った方が得!であることは間違いありません。

ですから、看護師も車通勤の場合は、ガソリン代支給のある職場で働いたほうが良いということですね。

 

ここで一つ注意点!

意外と盲点になるのが、駐車料金です。

職場によっては、駐車料金が有料という場合もあります。

 

まさにこれ私。

私の場合、月の駐車料金は、なんと5400円!

完全に足元を見られた感じもしますが、公共交通機関で通える場所に住んでいなかったので、車通勤するしかありませんでした。

 

いくらガソリン代の支給があっても、実費で駐車料金がかかってしまえば損をする場合もあるんです…。

職場選びをする際は、ガソリン代支給のある職場かだけでなく、駐車料金にも注意を払う必要がありそうですね。

 

看護師でガソリン代支給のある職場で働きたいなら転職コンサルタントを活用しよう!

看護師でガソリン代支給のある職場に転職したくても、求人広告には『交通費支給』としか書いていない場合もありますよね。

 

だからと言って、お金の問題は看護師にとっても非常にシビア。

「交通費って、ガソリン代も支払われるんですかね?計算するときは直線距離ですか?」

なんて、つっこんだ質問はしにくいもの。

 

そんな時は、看護師転職コンサルタントを活用するのがオススメ!

 

ガソリン代支給はあるの?

駐車料金は無料なの?

こんな聞きづらい質問も職場側に直接問い合せてくれる場合がありますよ!

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる