看護師は中途採用時に妊娠してると採用NG?採用されるケースもある!

看護師は中途採用時に妊娠してると採用NG?採用されるケースもある!

看護師が中途採用時に妊娠している場合、採用されないんじゃないか?と心配になってしまいますよね。

確かに、無理のできない体であることは間違いありませんから、採用されないケースはあります。

 

ただ、もちろん採用されるケースもある

 

採用されにくいケースと採用されやすいケースを知っておくことで、転職先もある程度絞り込むことができますし、たとえ中途採用時に妊娠している看護師でも、スムーズな転職活動をすることができますよ!

看護師が中途採用時に不採用を恐れて妊娠していることを言わないのは?

「そもそも、採用されないケースがあるなら、妊娠してるって言わなければ良くない?」

特に妊娠初期でお腹も目立たない看護師の場合、こんなふうに思う人もいるかもしれませんね。

 

でも、妊娠中は体調不良や無理のできないことが多い

 

採用されないことを懸念して、中途採用時に妊娠していることを言わなかったばっかりに、具合が悪くても休めなかったり、夜勤業務も無理をしてこなすことになってしまえば元も子もありません。

 

それは何より、あなたと赤ちゃんを守るため

 

中途採用時に妊娠していることを伝えて採用されない職場というのは、それだけ体力的にも精神的にも妊婦に負担のかかる職場ということです。

 

看護師が中途採用時に妊娠していると採用されにくいケースとは?

看護師が中途採用時に妊娠している場合、採用されにくいのはどのようなケースなのでしょうか?

 

具体的に中途採用時に妊娠している看護師が採用されにくいケースについてご紹介しましょう。

 

もともと人手が足りない

中途採用の看護師を募集しているということは、もともと人手が足りない場合が多いです。

 

そのため、採用側もある程度即戦力を求めています。

いくら基礎があるとは言え、やはり妊娠していることでできないことは多くなります。

つまり、それをカバーする看護師要員が必要で、妊娠している看護師は即戦力としてはカウントできないということ。

 

また、妊娠しているということは、今後産休・育休に入ることになりますよね。

採用側としても、結局また看護師が足りない状況になってしまうことを懸念するわけです。

 

もともと人手が足りない職場では、中途採用時に妊娠していると採用されないケースがあるということです。

 

夜勤要員が欲しい

夜勤は、看護師に人数も少なく、一人にかかる責任も仕事量も日勤とは比べ物になりません。

また、急に休むことはできませんし、体調が悪いからといって途中で帰るわけにもいきませんよね。

 

採用側も妊娠している看護師に何かあった時に責任を取れるわけではありませんから、夜勤要員としてカウントできないことはわかっています。

ですから、夜勤要員が欲しくて募集をしている場合は、中途採用時に妊娠していると採用されないケースが多いということです。

 

仕事内容が妊婦にとってハード

特に急性期の場合、その業務は非常にハード

妊娠しているからと言って、急変している患者様は待ってくれません。

動きっぱなし、立ちっぱなしなんてことはよくあることです。

 

また、高齢者の多い入院病棟では、オムツ交換や体位交換など、重いものを持つ仕事が多いです。

看護補助者の人手が足りない職場の場合、看護師であってもこれらの業務をすることは日常茶飯事です。

腹圧をかければ、それだけお腹に負担がかかってしまいますよね。

 

仕事内容が妊婦にとってハードな場合は、中途採用時に妊娠していると採用されないケースが多いです。

 

看護師が中途採用時に妊娠していても採用されやすいケースとは?

看護師が中途採用時に妊娠していても、採用されやすいのはどのようなケースなのでしょうか?

先ほどの採用されないケースから考えると、人手がある程度足りていて、妊娠していても体への負担が少ない職場ということになります。

 

日勤のみで体への負担が少ない職場

日勤のみの仕事は、夜勤もありませんし、比較的妊娠していても採用されやすい職場です。

 

ただ、急性期の外来や人気のクリニックは、一日中立ちっぱなしなんてこともありますから、採用側もそれを考慮して採用されないケースもあります。

 

急性期以外の外来や透析室、予約制のクリニック、健診センターなどがオススメです。

 

パートでの雇用

パートの場合は、残業はほとんどありませんし、短時間勤務のため体への負担が少ないですから、中途採用時に妊娠していても採用されるケースが多いです。

 

また、体調不良で休む場合や妊婦検診のための希望休も通りやすい職場が多いためオススメです。

 

産休・育休制度が充実している職場

産休・育休制度が充実している職場というのは、それだけ妊娠や出産をする看護師に対して理解がある職場ということ。

これまでの実績もあるため、中途採用時に妊娠していても採用されるケースが多いです。

 

こういった職場は、出産後の復職まで視野に入れてサポートしてくれますからオススメですよ!

 

看護師が中途採用時に妊娠している場合の転職は慎重に!

看護師が中途採用時に妊娠している場合、採用されにくいケースにしろ、採用されやすいケースにしろ、慎重に考えて選択することが大切

 

何が何でも人手が欲しい職場の場合、本来ならば採用されにくいケースでも、妊娠の有無に関わらず採用されることがあるかもしれません。

 

「今の体調がイイから大丈夫!」

なんて背伸びをしても、無理をして、その先体調が悪くならないとは限りません。

 

自分がどんな職場に転職するかは、長い目で見て、慎重に考える必要があるということですね。

ただ、求人情報を見ていても、「人手が足りている職場なのかな?」など自分ではわからないことも多いですよね。

その疑問が、一層不安な気持ちを掻き立てるのかもしれません…。

 

中途採用時に妊娠していることで不安の強い方は、看護師転職コンサルタントを利用してみて下さい。

あなたの体と赤ちゃんを最優先に考えてくれる職場を紹介してくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる