看護師を怒鳴る師長にお灸をすえたい!鍵になる2つの存在とは?

看護師を怒鳴る師長っていますよね。

それでもトップ。

打つ手がないような気がしてしまうかもしれません。

でも、対抗手段はあります。

怒鳴る師長にお灸をすえる方法をご紹介しましょう!

看護師を怒鳴る師長ってどんな性格なの?

看護師を怒鳴る師長っていますよね。

別に怒鳴らなくても伝えられるようなことを、声を荒げて表現する。

 

今まさに怒鳴っている相手に対抗するには、自分も声を荒げて感情をぶつけるしかありません。

でも、仮にも師長は、上司。

そんな選択をする人はいないでしょう。

 

「じゃあ、怒鳴られ続けなきゃなんないの?」

 

これは辛い。

どこか師長に対する苦手意識ができ、また怒鳴られるんじゃないかと萎縮する。

これでは、自分の意見もまともに主張できないでしょう。

 

患者様のための看護も、師長の顔色を伺いながらしなくてはならない…こんなの明らかに間違ってる!

 

さすがに師長と言えども、お灸をすえる必要があります。

 

ただ、相手のことを知らなければ、打ちのめすことはできません。

まずは怒鳴る師長が、どんな性格なのか?について分析してみましょう。

 

怒鳴る師長が今の地位についたとき、少なくとも師長とは何ぞや?ということを考えた時期があったはずです。

理想の師長像を思い描いたでしょう。

 

部下である看護師に寄り添える師長。

だから一人一人の意見を尊重して…

 

でも現実的に、白か黒か決めなくてはならないこともある。

どっちにもイイ顔ができない状況に葛藤する。

 

辿り着いた答えが、今の怒鳴るスタイル。

トップとして、自分を強くみせたい!

 

もちろん性格的なものもあるでしょうが、月日をかけて、いつしか怒鳴ることが当たり前のようになってしまった…。

もしかすると、どこか弱く脆いところがあるのかもしれませんね。

 

去勢を張っているぶん、心を許せる相手がおらず孤独

看護師を怒鳴ってしまったことを反省している瞬間があっても、それを周りに見せられない…。

 

上に相談しようにも、看護部長は自分を師長に任命した人ですから、自分の弱さや悪いところは見せにくい。

怒鳴る師長でも、看護部長の前では大人しいという人は多いです。

 

「だとしても、全然可哀想だと思えない!自業自得じゃん!」

 

そうです。

同情する必要はありません。

間違ってるのは確か!

 

じゃあ、どうやってお灸をすえるのか?

 

鍵になるのは、『主任と患者様』です。

我慢し続ける日に終止符を打ちましょう!

 

看護師を怒鳴る師長にお灸をすえるには、主任と患者様が鍵!

看護師を怒鳴る師長にお灸をすえるには、主任と患者様が鍵になります。

どういうことなのかご説明しましょう!

 

唯一頼らざるを得ない存在が主任!

怒鳴る師長に…

「怒鳴られるのが嫌なんでやめてもらってイイですか?」

なんて直接アプローチする勇気のある人は少ないでしょう。

 

いや、ほぼいない。

 

一見看護部長から伝えてもらったほうが良さそうですが、これは逆効果

 

任命した看護部長の体裁もあるので、師長の座から引きずり下ろすのは難しいです。

注意くらいで終わるでしょう。

 

しかも、気を遣っている看護部長に注意されたとなれば、怒りMAX&心はズタボロ

 

そんな師長とその後も一緒に働かなくてはなりません。

また、今まで強い自分を見せてきた師長が、いきなり態度を変える可能性は低いです。

 

だから、主任が鍵になります。

どこか孤独で弱い部分がある怒鳴る師長が、唯一職場で頼らざるを得ない存在が主任です。

部下である看護師と自分を繋いでくれる、一番身近な存在ですから。

 

主任からの意見にソッポを向いてしまえば、怒鳴る師長は、本当に自分が孤独に陥ってしまうことを知っています。

だから、ちょっとだけ耳を貸すわけですね。

 

決して大ごとにはせず、こっそり耳打ち程度に伝えてもらうことがポイント!

皆の前で祭り上げられてしまえば、怒鳴る師長もまた去勢を張らざるを得なくなってしまいますから。

 

ただ、一人の意見では、主任も師長に進言しにくいはず。

個人を特定されて、また師長に怒鳴られるだけですから、多数の意見として伝えてもらいましょう。

 

看護部長を動かすのは患者様の声!

怒鳴る師長というのは、非常に目立つ!

患者様がそれを見たらどう思うでしょうか?

 

以前働いていた病棟で、怒鳴る看護師がいました。

怒鳴る対象は同僚でしたが、その様子に患者様から「非常に不愉快だ!」と苦情が入ったんです…。

 

しかも病院に直接。

これは一大事!と動き出したのが、看護部長です。

 

病院の体裁がありますからね~。

看護部長を動かすには、患者様の声ということです。

 

患者様から苦情が入った時、まず報告するのは主任です。

師長に直接報告すると、立場を守るため、看護部長に伝える前に揉み消してしまう場合がありますから。

 

主任から病棟の問題として看護部長に進言してもらいましょう。

 

看護師を怒鳴る師長に耐えられないなら転職!

看護師を怒鳴る師長にお灸をすえるにしても、ある程度時間がかかることは覚悟しなくてはなりません。

 

「そんなに待てない!もう耐えられない!」

 

だとしたら、転職

これが一番早い!

 

そもそも感情任せに怒鳴る師長の方が珍しいです。

ある程度、良識があるからこそトップに選ばれるんですから。

 

転職を検討しているなら、看護師転職コンサルタントを活用するとイイですよ!

あなたの悩みを考慮して、転職先を紹介してくれるでしょう。

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。