クリニックから総合病院外来に転職した看護師はその違いに驚愕!?

クリニックから総合病院外来に転職した看護師はその違いに驚愕!?

看護師のクリニックから総合病院外来への転職に、あなたはどんなイメージをお持ちですか?

「そんなに大差はないでしょ~。」

と思ってはいませんか?

 

実はその認識…痛い目に合う前兆かも。

後悔しないためにも、クリニックと総合病院外来で働く看護師の違いを押さえておきましょう!

看護師のクリニックから総合病院外来への転職は痛い目に合う!?

看護師がクリニックから総合病院外来に転職するとなると、どんな違いがあるのか気になりますよね。

 

「そんなに大差はないでしょ~。」

と思っている方も多いはず。

 

診察介助に採血や検査・健診業務…確かに仕事内容に大差はない気がする…。

 

ただ、総合病院は外来と言っても大所帯!

もちろんクリニックとは違う裏の顔があるわけです。

 

何も知らずに転職すると、「思ったのと違うんですけど…。」なんて痛い目に合う可能性が高い

 

「じゃあ、クリニックのままの方がイイってこと?」

 

…とも言えません。

それぞれに良さがあるのも事実ですから。

 

まずは、総合病院外来とクリニックの違いを知るところから始めましょう。

両方の特徴を知った上で転職を検討しても、決して遅くはありませんよ!

 

看護師がクリニックから総合病院外来に転職する場合の心得!5つの違いとは?

看護師がクリニックから総合病院外来に転職する場合の心得として、5つの違いをご紹介します。

 

クリニックと総合病院外来の仕事内容の違い

クリニックにはなくて総合病院外来にはある仕事

  • 急患の受け入れ
  • 重症患者の初期対応
  • 入院時病棟への申し送り
  • 他部門との連携
  • 勉強会、委員会、看護研究への参加(正社員雇用の場合)

 

クリニックと最も違うのは、対象の患者層です。

簡単に説明すると、ちょ~具合の悪い患者様が来院するということ。

 

もちろん、救急車で搬送されてくる患者様もいますし、そのまま入院する患者様もいます。

ある程度の高い看護スキルや知識・応用力・観察力・判断力が求められるということです。

 

また、総合病院外来の場合、単科ということはありえませんよね。

外来内でも日によって担当する科が違う場合もありますし、異動もありえます。

 

様々な科に対応できるような様々な科の専門知識も必要ということです。

ただその分スキルアップも可能ですから、看護師としての成長も早いでしょう。

 

クリニックにはあって総合病院外来にはない仕事

  • 18時以降の勤務(クリニックの診療時間による)
  • 掃除など看護師業務以外の雑務
  • レントゲン検査
  • 心電図検査
  • 医療器具の消毒

 

クリニックの場合、基本的には少人数のスタッフで勤務していますよね。

検査技師がいない場合も多く、クリニックによっては看護師がレントゲンや心電図の検査を行う場合もあります。

 

ただ、重症患者様の受け入れや入院業務、勤務異動はありません。

そういう意味では、心に余裕を持って働けているのではないでしょうか。

 

勤務スタイル

クリニックと総合病院外来で、勤務スタイルに大きな違いはありません。

  • 日勤のみ
  • パート雇用多い

 

給料

クリニック

総合病院外来

2223万円

時給:約1600

2526万円

時給:約1800

 

 

休日

クリニック

総合病院外来

日祝休みの固定休

平日or土曜午後休などクリニックによって異なる

土日祝日休みの固定休

 

 

人間関係の違い

クリニック

少人数の同じ看護師で働くため、仲良くなればアットホームな雰囲気で働くことができます。

ただ、狭いコミュニティになりますから、仲が悪いと最悪…。

 

まさに今の私…という方もいるかもしれませんね。

 

医師との関係も同様です。

クリニックの医師の中には、ワンマン経営という場合もあります。

「院長様絶対!」的な感じですね。

 

あなたも院長に嫌気がさしてはいませんか?

 

定期受診で通っている患者様とは、少しずつ信頼関係を築いていくことできます。

信頼関係が強くなれば、さらにもう一歩踏み込んで、自宅に帰ってからの生活を見越した看護アドバイスができるようになるでしょう。

 

総合病院外来

外来の看護師といっても、大きな組織の中で働いていることに変わりはありません。

そのため、看護師の年齢層や価値観もバラバラ。

必然的に、衝突することは多くなります

 

病棟看護師との連携にも一苦労…

私が外来で働いていたときは、よく入院時の申し送りでトラブリました…。

 

病棟看護師:なんでこの検査終わらせてこないわけ?

外来看護師:結局、入院してから検査内容変わるじゃん!

 

お互いが自分たち主体に考えちゃいますからね~。

 

医師との関係は、クリニックに比べるとドライで楽でしょう。

雇われている医師が多いので、そこまでネチネチ~っというのは少ないかもしれませんね。

 

受診する患者様は、毎日入れ替わり立ち替わり。

関係性を築くにしても一から始めなくてはならない場合が多いですから、こちらも一苦労…かもしれませんね。

 

看護師のクリニックから総合病院外来への転職でオススメなのは?

看護師がクリニックから総合病院外来に転職する場合に関係がある5つの違いについてご紹介しました。

 

「そんなに大差はないでしょ~。」

と思っていた方にとっては、ちょっと衝撃だったかもしれませんね。

 

そして不安になったかもしれません。

 

「クリニックでの外来経験しかないけど、転職してついていけるだろうか…。」

 

どうしても転職に踏み切れないという方は、看護師転職コンサルタントがオススメ。

病院側と直接交渉してくれたり、あなたの不安を考慮して転職先を紹介してくれますから安心ですよ!

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる