重症心身障害児施設の看護師は特殊!?根本的な看護は変わらない!

重症心身障害児施設の看護師は特殊!?根本的な看護は変わらない!

重症心身障害児施設の看護師は、どのような仕事をしているのか?

確かにある意味特殊な職場。

イメージできなければ、飛び込む勇気が出ない…。

 

まずは、重症心身障害児施設で働く看護師について、知識を深めるところから始めてみましょう!

重症心身障害児施設の看護師は本当に特殊な仕事!?

重症心身障害児施設の看護師が、どのような仕事をしているのか知っている人は少ないかもしれませんね。

 

ただでさえ、小児科やNICUでの仕事を一生経験しない看護師もいるわけですから、重症心身障害児施設で働くとなると確かに想像もつかない…。

 

「一般看護師か経験してない私には無理そう~。」

 

こんなふうに思ってしまう看護師がいても不思議ではありません。

 

でも、同じ看護師ですよ?

あなたに絶対できない!ということではありません。

 

「でも特殊な看護っぽいから、専門知識がなきゃ無理でしょ~。」

 

じゃあ、総合病院に勤めていて、小児科や精神科・透析室・手術室に異動命令が出たらどうします?

たとえ特殊な科であっても、異動した先で、専門的な知識を身につけるための努力をしますよね。

 

勤務異動は、看護師にとって宿命のようなもの。

いちいち断ってたら務まらない。

そんなに嫌なら単科の病院にでもいけば?となるでしょう。

 

私の場合逆パターンですが、小児科・NICUの病棟から一般病院に転職した経験があります。

新卒から小児科・NICUでの経験しかありませんでしたから、私にとっては、逆に一般病院で働くことの方が特殊。

 

最初は不安でしたよ~。

大人ってどんな看護すればイイの?

 

それこそほとんど未知の世界。

 

でもなんとかなるもんです。

そして気付くわけです。

 

『根本的な看護は変わらない』

 

働く場所が変わっても、看護師としてのスキルや知識、求められるもの、患者様への思い、実は根本的なものは変わらないんだということ。

 

要は、応用。

 

そして結果的に、私は新しい経験を手に入れたわけです。

それは看護師としてのスキルアップ。

 

だから重症心身障害児施設だとしても、それは同じこと。

根本的な看護は変わらず、経験することで、それはあなたにとってのスキルアップに繋がります。

 

とはいっても、実際にどんな仕事をするのかイメージがつかなければ飛び込むのは難しいですよね~。

 

ということで…

次項では、重症心身障害児施設の看護師の仕事についてご紹介しましょう!

 

重症心身障害児施設の看護師はどんな仕事?やりがいや向いている人って?

重症心身障害児施設の看護師の仕事をご紹介する前に、まずどんな施設なのか?気になりますよね。

 

特別な援助を受けている場合は除いて、0~18歳で複数の障害を重複して持っている子どもが対象です。

  • 知的障害
  • 言語障害
  • 肢体の不自由

 

日常生活全般の介護が必要なため、健康管理や生活支援が必要となります。

 

重篤な疾患を抱えている場合も多いため、医師や看護師が必要になるわけですね。

それでは本題。

 

重症心身障害児施設で看護師は、どのような仕事をしているのでしょうか?

そして、何にやりがいを感じているのか?

向いている人って?

 

一つずつご紹介していきましょう!

 

仕事内容

  • 食事、清潔、排泄介助
  • 呼吸器管理
  • 経管栄養管理
  • 服薬管理
  • 吸引
  • 医療処置
  • ショートステイや入院の受け入れ
  • 入所児の登下校受け入れ

などなど…

 

ここで気付いたことはありませんか?

 

「病院でしてる看護と一緒じゃん…。」

 

そうなんですよ~。

 

重症心身障害児の中には、施設に入所しながら特別支援学校に通っている子供もいます。

入所児の登下校や短期間入所であるショートステイの受け入れなどは、特殊かもしれませんが他の業務は、ほぼ一緒

 

『根本的な看護は変わらない』

 

ただ、対象が重症心身障害児というだけ。

案外知ってみると、遠くない存在に感じるという看護師も多いかもしれませんね!

 

やりがい

  • 子どもの笑顔を見ることができる
  • 子どもが可愛い
  • 濃密な家族看護ができる
  • スキルアップができる
  • 新しい知識が身につく

 

向いている人

  • 子どもが好きな人
  • 子どもの泣き声が気にならない人
  • 家族看護が好きな人
  • 急性期看護が好きな人
  • 器用な人

 

こんな看護師は、重症心身障害児施設に向いています

 

逆に言うと、子どもが苦手な人や家族との関わりをできるだけ避けたい人、急性期看護が得意でない人は、向いていないと言えるかもしれませんね。

 

重症心身障害児施設の看護師の求人は、転職先をどうやって見つけたらイイ?

重症心身障害児施設の看護師について、少しは理解が深まったでしょうか?

『根本的な看護は変わらない』というのは、意外だったかもしれませんね!

 

「基本が同じなら…私でも働けそう!」

と感じた人も多いでしょう。

 

でも…

「ツテも経験もないのに、どうやって転職先を見つけたらイイの?」

なんて不安になってはいませんか?

 

そんな時は、看護師転職コンサルタントを利用してみてください。

たとえあなたが重症心身障害児施設で働いたことがなかったとしても、心配はいりません。

 

あなたの不安を考慮して、希望に合った転職先を紹介してくれますよ!

おすすめの看護師転職サイト

マイナビ看護師

オススメ度:★★★★★
運営:株式会社マイナビ

マイナビ看護師は利用者満足度が高く、看護師から一番支持されているサイトと言っても過言ではありません。全国17ヵ所の相談会場があり、直接キャリアアドバイザーに相談も可能。管理職転職の求人や治験関連企業の求人も豊富です。まずは相談だけでも大丈夫ですよ!

【2位】ナース人材バンク


オススメ度:★★★★☆
運営:株式会社エス・エム・エス

ナース人材バンクも看護師の求人を探す上では心強い存在です。実績豊富でキャリアアドバイザーのフォローも密なので、マイナビ看護師との併用にオススメ。

こちらもおすすめ


【転職羅針盤】

現役転職エージェント、転職エージェントOG、情報収集担当、WEB担当4名による編集部です。あなたの進むべき方向を指し示せる有益なサイトを目指して日夜奮闘中です。

運営者情報 | 転職羅針盤とは? | お問い合わせ | プライバシーポリシー | サイトマップ

ページのトップへもどる